ダイエット中の悩み?!甘いものの誘惑にうち勝つ方法とは!

yuuwaku1

ダイエット中の悩みは誰でも付き物ですね!

毎日のようにスイーツ情報が流れて、試してみたくなる今日この頃。でも、甘いものの誘惑、これって大敵ですよね。

太るだけではなく、食べすぎは糖化を起こして、肌にも老化防止にもいいことはありません。もちろんカロリーオーバーや、砂糖依存症も気になります。

甘いもののせいで肌が汚くなったり?太ったりして男性から嫌われる前に、甘いものに打ち勝つ方法を知り、自分で欲求をコントロールできるようになりましょう!

アメリカの健康ニュースサイト『My Health News Daily』から、「甘いものツがやめられない!」を上手にかわす方法を8個ご紹介いたします。


Sponsored Link


ダイエット中の悩み?甘いモノの誘惑にうち勝つ方法!

アメリカの健康ニュースサイト『My Health News Daily』で話題になっています。

【1】カフェインを減らす

yuuwaku2

カナダ・グェルフ大学の研究で、カフェインを摂ると血糖値を24%上昇させることがわかりました。
血糖値が急激に上昇すると、その後急下降してしまいます。
血糖値が下がると身体は甘いモノを欲しがります。
カフェインをあまり摂らないようにすることで、甘いモノを食べたい欲求が和らぎます。

【2】水をたくさん摂る

yuuwaku3

身体が乾いていると甘いモノが食べたくなった経験はありませんか?

甘いモノが食べたい時はまず水をたっぷり摂りましょう。

一定の血圧で血液を循環させるために身体は水を欲しがります。
そのため、水を飲むと砂糖を欲しがるのが止まるだけでなく、身体機能が正常に働くことを助けてくれます。

【3】軽い運動をする

yuuwaku4

運動によって身体のすみずみに酸素を送り込むことが出来ます。

また運動によって幸せを感じる脳内伝達物質のエンドルフィンが増加します。
そのため気分が落ち込んだときについ甘いモノを食べてしまう、という事を防げるのです。
散歩や買い物などでも効果がありますよ。

【4】しっかりと快眠する

yuuwaku5

イギリスのレスター国民健康保険基金大学病院の2008年の研究によると、快眠することでエネルギーを増大し、甘いモノへの欲求を癒すことが判明しました。

夜更かししているときや徹夜明けなど、つい甘いモノが欲しくなってしまいますよね。
しっかりと睡眠をとることで防げるようです。

【5】脂肪分ゼロ・脂肪ひかえめ食品を減らす

yuuwake6


Sponsored Link


脂肪分ゼロ・脂肪ひかえめ食品は脂肪分を減らした代わりに風味や味を補わなくてはいけないため、実は糖分が多くなっています。

脂肪分ゼロや脂肪ひかえめの食品を買う前に原材料やカロリーを見てみましょう。
“脂肪分が普通”の商品と比べてみるとより違いがわかります。

【6】フルーツや甘い野菜を食べる

yuuwaku10こうしても砂糖の誘惑に負けてしまいそうな時には悩むのをやめて甘いものを食べてしまいましょう。

スナック菓子や油脂の多い焼菓子ではなく、フルーツや甘い野菜を食べるのがベストです。
旬の果物はビタミンなどの栄養素も豊富です。

【7】自然の甘味料を使う

yuuwaku6

それでも甘いものがどうしても欲しい場合は、自然の甘味料に助けてもらいましょう。

ブラウン・ライス・シロップ(玄米の水あめ)、ヤシ砂糖、ステビアなどがそうです。
これらの甘みのおかげでさほどカロリーを摂らずに甘いものへの欲求を満たしてくれます。

【8】生活にうるおいを与える

kouso5

日常が楽しく充実している時には甘いものへの欲求がおさまる傾向が見られます。
日々の生活にうるおいを与えることを積極的に行っておきましょう。
うるおいが満たされているとそれ以上何も加えなくてもいいのかもしれません。

まとめ

yuuwaku8

甘いものって魅力的ですよね。
疲れたときや頭を使ったとき、無性に甘いものが食べたくなります。
女性はもちろん、最近はスイーツ男子と呼ばれるように、男性でも甘いものが好きな人が多くなってきました。
一人で食べるより、一緒に甘いものを食べられるって幸せですよね。

ですが、気をつけなくてはいけないこともあります。
砂糖の摂りすぎによってカルシウム不足になると、骨折や虫歯を引き起こしたり、脳の働きも悪くなったりします。
そして、なんといっても肥満の原因になってしまいます。
その他にも、砂糖の摂り過ぎは高血圧や糖尿病のような、栄養のバランスを崩すことによってなる生活習慣病をも引き起こしてしまいます。

そこで、甘いものが食べたい衝動にかられたとき、上記の甘いモノの誘惑にうち勝つ8つの方法をヒントに・・・

もちろん、食べたいものが食べられないというストレスを抱え込むこともよくないので、
ほどほどに食べて欲しいのですが、甘いものの誘惑にうち勝つ方法も、
知ってて損はないと思いますのでぜひ参考にしてみて下さいね。


Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする