チョコレートダイエット!カカオ効果で成功するには?

images1

チョコレートダイエット方法痩せたと評判です。ダイエット中でもチョコレートを食べ過ぎなかったら成功する人も多いようです。

カカオ効果と食べる方法とタイミングさえ間違わなければチョコレートはダイエットの味方になるそうです。


Sponsored Link


チョコレート大好き!

images45

少し前から「自分用チョコ」と言うのが流行っていますよね。毎日、頑張ってる自分にご褒美と言うことで、高級チョコが人気だそうです。

本命、義理に自分用…。今年のトレンドは「自分のためのチョコレート」とか。

バレンタインになると自分へのご褒美チョコレートを買う、という女性が年々増えています。

ミランダ・カー愛用、ココナッツオイル効果と使い方が凄い!

おにぎりダイエットの口コミと効果的な痩せ方

でも、チョコレートって太るんじゃないの?

images9

お店には魅惑的なチョコレートがたくさん並んでいます。

とてもおいしそうですが、チョコレートと言えば、食べると太るし、ダイエットには敵というイメージがあります。

女性なら誰もが大好きな「チョコレート」。思いっきり食べたいけど、体重が気になる、そんな人も多い

食べると太ると世の女性の殆どが信じ込んでいます。

チョコレートといえば「 太る 」し「ダイエットの敵」というイメージがあります。

ポイントは「食べるタイミング」これを守ればダイエット効果が!

images4

カカオ含有量と食べるタイミングが重要です!

カカオ含有量70%以上のチョコレートを1日50g(板チョコ半分)なら、太らないそうです。

食べるタイミングにも気をつけましょう。

カカオバターの含有量の多い上質なものを選んで食べること。

カカオマス70%以上のダークチョコもカロリーは普通にありますが比較的太りにくくて肌への影響も少ないです。

無題3

食前にチョコレートを食べると、血糖値がすばやく上昇するので、食欲が抑えられるのも肥満の予防につながります。

食欲のある人は食前に、食事の量を減らしたいときは食べ終わったあとに食べる。

どうしてチョコレートがダイエットに効果的なの?

生理周期に合わせてキレイに痩せよう

■チョコレートダイエット?

images8

チョコレートを食べたいからと言って、食事を抜くことはNGです。

三食きちんとバランスのとれた食事をすることが大前提です。その上で、デザート感覚として、カカオ含有量70%以上のチョコレートを1日50g食べましょう。

エピカテキン筋肉を増やし、体重を減らす効果があるという実験結果があり、適度に摂取することでダイエットにも効果があります。

「エピカテキン」とは、チョコレートに含まれているポリフェノールの一種であり、血管に作用し、高血圧の予防・改善にも効果があります。

確かに脂肪分が多いのですが、その脂肪の質が良質なので(ステアリン酸やオレイン酸)、食べても血中の悪玉コレステロール値は上がらない。

脂肪分解酵素リバーゼの働きを抑え、脂肪が血液中に残るのを防ぐため、結果として体脂肪率は上がりにくくなります。

その他にも女性に嬉しいことだらけ!

ただ甘いだけかと思っていたチョコレートですが、女性に嬉しい効果もたくさん詰まっています。

■ カカオの成分「カカオポリフェノール」

imagesQ1W24BRR

カカオには、タンパク質、アミノ酸、脂質、糖分、炭水化物、食物繊維、テオブロミン、カルシウム、マグネシウム、亜鉛やその他ミネラル、ビタミンEなどたくさんの栄養素が豊富に含まれています。

中でも最近注目されているのは、抗酸化作用のあるカカオポリフェノール。

病気の原因を引き起こす活性酸素の働きを抑え、血中の悪玉コレステロールや酸化を防ぐ抗酸化作用があります。

ポリフェノールとは、植物の葉や花、茎などで光合成によってできた苦味・渋味成分のことで、主要なものだけでも300種類以上あると言われています。

無題23

そのうちの一種がチョコレートの主成分であるカカオに含まれているカカオポリフェノールなのです。


Sponsored Link


ポリフェノールと言えば、赤ワインが注目されていましたが、チョコレートにはそれをはるかにしのぐ量のポリフェノールが含まれています。

では、カカオポリフェノールには、一体どのような効果があるのでしょうか。

・がんや動脈硬化の予防

imagesQZR60MY6

カカオポリフェノールには、動脈硬化を引き起こす原因である血中の悪玉コレステロールを除去したり、活性酸素による動脈硬化の進行を防ぐ作用があります。

また、動脈硬化は生活習慣病に直結する病気でもあるので、広い意味で生活習慣病の予防にも役立ちます。

・ガンの予防

images

カカオポリフェノールの抗酸化作用が、細胞がガンになるのを防いだり、ガン細胞の増加を防いだり、免疫力を強化します。

・ストレス対策
images6G26DQWA

身体的ストレスにうまく適応したり、ストレスによって増加するホルモンの分泌を抑えたり、精神的なストレスに対する抵抗力を強めることができます。

ストレスホルモンを減らす作用があり、お肌の大敵である心のストレスを緩和してくれる。ストレスホルモンが減れば、コラーゲンも破壊されずに済み、故にシワもできにくくなる。

・アレルギー対策

imagesK0Y3DBRW

カカオポリフェノールには、アレルギー症状を引き起こす活性酸素の過剰な発生を抑えたり、抗体や炎症を起こす物質を作らないような作用があります。花粉症対策にも最適です。

・美肌対策

imagesPDE84Y60

チョコレートは、カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛・食物繊維などをバランスよく含んでいます。これが、美肌へと繋がります。

美容界ではエイジングケアへの効果も注目されています

人気モデルが実践する1ヶ月で5kg効果絶大なダイエット方法

ダイエット中のおやつ、お菓子5選

■チョコレートのさまざまな効果

images10

上記のこと以外にもチョコレートには、さまざまな効果があります。

肥満の予防

imagesY5I1XGEU

確かにチョコレートそのものは高カロリーなのですが、脂肪分解酵素リバーゼの働きを抑え、脂肪が血液中に残るのを防ぐため、結果として体脂肪率は上がりにくくなります。

また、チョコレートに含まれるカカオバターは脂肪の吸収率がよいため、同じカロリーのものなら、チョコレートを食べた方が肥満につながりにくいと言われています。

食前にチョコレートを食べると、血糖値がすばやく上昇するので、食欲が抑えられるのも肥満の予防につながります。

また大腸菌や赤痢菌、O-157やサルモネラ菌、胃ガンや胃炎の原因であるピロリ菌や歯周病などに対する殺菌作用も認められています。

特に「甘いものを食べると虫歯になる」と言われているのに、実はチョコレートには歯周病予防効果があるなんて驚きですね。


images67

ほかにも、チョコレートには集中力や記憶力を高める作用や、疲労回復効果、血圧の上昇を防いだりする作用があり、栄養バランスの取れた総合食品とも言われています。

チョコレートと言えば、「甘い」とか「お菓子」とか、ジャンクフードのようなイメージがありましたが、実は全然違ってたくさんの効果がある食品なんですね。

チョコレートの原料はカカオ豆。豆類には健康効果がたくさんあるのですから、チョコレートも健康食だというのも納得できますよね。

太りにくいダイエット中食べていいお菓子 おやつ

まとめ
imagesBIYNWDBG

チョコレートダイエット成功するには、ダイエット効果を発揮するカカオ含有量が70%以上のチョコレートを選ぶようにしましょう。

70%以上カカオが含有されているチョコレートは甘みが少ないので、普通のチョコレートとはちょっと違うように感じるかも知れませんね。

けれどその甘さに慣れてくるとついついつまんでしまいがちです。

健康効果があるチョコレート、でも決して低カロリーな食品ではないので、食べすぎには注意してくださいね。


Sponsored Link