ダイエットは難しい?習慣化させるための方法

syuukan5

ダイエットは難しい三日坊主は、もう卒業したい!でも、ダイエットを「続ける」のは大変で諦めがち…。

ダイエットを習慣化するための5つの方法をまとめました。

ダイエットに限らず、美肌を保つための生活習慣や英語などの語学学習、仕事の資格勉強、スポーツのスキルアップなどにも「習慣化」は応用できます。


Sponsored Link


ダイエットは難しい?習慣化させるための方法

oka1

ダイエットを継続するのは大変です。

「今日から夜ご飯は食べずに、ジョギングするぞ!」なんて決意をしても、3日坊主どころか、2日目には「めんどくさい」

ダイエットはしたいけど、極端な食事制限や激しい運動は続かないですよね。

「意思が弱いからダイエットに失敗してしまう」「ダイエットは根性でやるもの」と思っていませんか?

ダイエットで大事なのは継続し習慣化させること

syuukan1

目標達成には“継続”が必須!……とわかっていながら、何より難しいのが、継続することです。

今までまったく運動習慣のなかった人がいきなりフルマラソンに挑戦するような無謀なことを始めると、途中で挫折してしまう可能性が高いです。

目標を高く設定してるかもしれないが・・・

何かを無理なく継続するためには、“やらないと気持ち悪い”ほど習慣化することが大切です。

例えばお風呂に入るとか、歯を磨くのと同じですね。ここまで習慣化できれば、もう自然と続いてしまいます。

「習慣化」させるための方法

syuukan9

1.階段式ダイエットをはじめる

ハードルを低くしましょう。

赤ちゃんのように、ひとつずつステップアップします。

願望の入った行動目標を設定してしまうと、自分にとって高い負荷となってしまうことがあり、自分で自分を追い込んでしまう原因となることがあります。

これがダイエットを辞めるきっかけになってしまうのです。

ダイエットを続けていくために大切なことは、「できたらいいな」という願望の入った行動目標を決めるのではなく、自分が「確実にできること」を行動目標にしていくことです。

例)
・腹筋3回(ステップ1)
・ウォーキング10分(ステップ1)
・ヨガへ行くステップ3)

これぐらいなら、多少面倒くさくてもできそうです。

・なぜ「階段式ダイエット」がいいのか?→自己肯定感が高まる。

この段階で、ダイエットが続かなかった原因は、高い目標設定をしていたからだと気づきます。

ほんの5分、10分の積み重ねが運動習慣を定着させる。

たとえ小さな目標でも“自分でも目標を達成できるんだ”という自信になれば、さらなるモチベーションにしましょう。

この自己肯定感こそモチベーションを育てる最大のエサになります。

2.「階段式ダイエット」を毎日続ける

kantan1

「ちょっとずつ」を毎日、コツコツと。

出来る限り、毎日やることを目標にしましょう。

そのためには、量と時間に固執し過ぎないこと。「3分でもやる」「1行でも読む」ことを、自分に許しましょう。少量でも、やらないよりはるかに良いです。


Sponsored Link


3.毎日記録に残す。

syuukan2

成果が見えるとモチベーションが続きます。

子供のころ、夏休みのラジオ体操のハンコを押してもらうことがうれしかったように、カレンダーに丸をつける、シールなどを貼るなど、目に見えるもので運動を行ったかどうかを確認できるようにすることも、運動を続けるコツの一つです。

「印がつかないと気持ち悪い」と思うようになります。

「数字」をうまく利用するのもありでしょう。

体重減量に取り組むのであれば、毎朝体重を記録してそれをグラフ化する、またウオーキングに取り組むのであれば歩数計などを携帯し、毎日歩いた歩数を書き残しておくとよい。

4. 「階段式ダイエットの未来図」をつくる

syuukan12

「なりたい自分」をしっかりと思い描きます

自分がどのようになりたいのか、何のために始めたのか?など、その経緯や目的(目標)を見失わないようにしましょう。

大切なのは、「なぜ痩せたいのか」と「痩せることが自分の幸せと繋がっているのか」を考えて目標を立てることです。

皆さんも、あれこれ手当たり次第にダイエットに挑戦する前に「痩せることが自分の幸せと繋がっているのか」をまずは考えてみてください。

・「痩せたあと」の自分を維持することが本来の目的=なりたい自分

「痩せることそのものがゴールになってしまっている人」がとても多いです。

ダイエット=続けるという認識を持ってください。

「ダイエットすることが目標」になってはいつまでも痩せれません。

ダイエットはあくまで「理想の未来を実現するための手段に過ぎない」これをしっかりと認識してほしいと思います。

5. 「未来図」を視覚化する

syuukan13

「なりたい自分」を目に見えるかたちにします。

机やリビング、トイレなど目につくところに写真を貼ります。

「あなたが将来手に入れたいものを机の前に貼り出して下さい。

そうすればあなたの夢は必ず実現します」

というような言葉を聞いた事がありますか?

「欲しい車と、海沿いの家と、自分が行きたい海外の国の写真を机に貼って、毎日眺めていたら、それが全て手に入った」

そのような話をよく聞きます。

憧れの人(目標とするスタイルの人)の写真をiPhoneの壁紙にする。

理想を常に目にすることで、 意識は大きく変わっていきます。

自分の日々の生活習慣を見直すキッカケになり、ダイエットの習慣化に大きく役に立ちます。

まとめ

murinaku8

ダイエットは難しい?どんなに素晴らしいダイエット法でも、続けられなければリバウンドするだけですね。

「続ける⇒習慣になる」、習慣化させるための方法を認識して一歩一歩、これが理想ですね。

最初は意識して『頑張って』続けたとしても、それが習慣になれば頑張るという意識はなくなり、当たり前になります。

自分にとって、習慣になりそうな方法を選べば、どんな方法でも良いと思います。

ぜひ頑張りたい自分から、どんなダイエットの何なら『続けられるか』という視点で、習慣化していきましょう。


Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする