エッグパエリアの作り方・レシピ【上沼恵美子のおしゃべりクッキング】(1月17日)

小池浩司さんが教える本格的「エッグパエリアレシピ」。ワンコインで4人前の安く美味しく簡単にできるエッグパエリアの作り方!

2020年1月17日(金)13時40分~13時55分 (テレビ朝日)で放送の上沼恵美子のおしゃべりクッキングの家庭で出来る料理の作り方を紹介する料理バラエティ番組。

今日は具材はシンプルなのに華やかで超美味しい洋風ご飯です!


Sponsored Link


エッグパエリアの作り方・レシピ

材料(4人分)

  • 米2カップ(200mlの計量カップ)
  • ソーセージ4本
  • 玉ねぎ80g
  • しめじ60g
  • にんにく(みじん切り)小さじ1/2
  • カレー粉小さじ1
  • バージンオリーブ油大さじ3
  • 白ワイン50ml
  • トマトの水煮(カットタイプ)100g
  • ブイヨン800ml
  • 塩大さじ1/2
  • 卵4個
  • レモン適量

作り方

1.ソーセージは1cm幅に切り、玉ねぎは1cm角に切り、しめじは小房にほぐす。

2.フライパンにバージンオリーブ油の半量を熱し、ソーセージ、玉ねぎ、しめじをしんなりするまで中火で炒め、残りのバージンオリーブ油、米、にんにくのみじん切り、カレー粉を加え、米が熱くなるまで炒める。

3.(2)に白ワインを加えてアルコール分をとばし、トマトの水煮、ブイヨン、塩を加え、中火で15分火を通す。

4.(3)に卵を割り入れ、蓋をして弱火で3分火を通す。

5.(4)の蓋を取って中火にし、おこげを作って、くし形に切ったレモンを添える。

料理のポイント

米が熱くなるまで炒める。中火で混ぜずに15分火を通す。

まとめ

おこげがおいしい!半熟の卵をソースのようにからめると、また言うことなしのおいしさです。冷蔵庫の残りものを集めたような食材ですが(笑)、こんなに豪華になるとは驚きです。

 

おすすめの【エッグパエリア】作り方・レシピ3選!

レシピ名:シーフード&エッグパエリア

材料

米2合分

えび150g

あさり150g

お好みの魚介(たら、ほたて、いか、たこなど)150g

ゆで卵

3個アスパラガス 2~3本(約60g)

パプリカ 1/4個(約40g)

お米(洗っていないもの) 2合(300g)

地中海風 パエリア 1パック(550g)

※無洗米でも同様にお使いいただけます。

作り方

1.下ごしらえ

あさりは、塩水につけて砂を吐かせた後、こすり合わせて洗います。

えびは、お好みで殻・背わたをとります。

パプリカは細切り、アスパラガスは斜め切りにします。

2.加熱する

ホットプレートにお米、よく振った「地中海風 パエリア」を入れ、軽くかき混ぜたら平らにならし、温度を180℃に設定します。

3.材料を加える

水気を切った魚介、野菜をのせ、スープが沸騰したらフタをして180℃のまま約10分加熱します。

4.仕上げる

温度を保温設定に下げ、そのまま10~15分蒸らします。

※水分が多い場合はフタをとり、お好みの加減まで加熱し、水分をとばしてください。

5.ゆで卵

お好みの形にカットしたゆで卵をトッピングしてできあがり。

※お好みでレモン汁をかけてお召しあがりください。

※機種により炊きあがり具合が異なる場合があります。

※魚の骨にはご注意ください。

※使用する材料の水分や火加減により、やわらかく炊きあがることがあります。

料理のポイント

米を洗って使用する場合

・洗ってすぐに水気をよく切ってください。

・やわらかめに仕上がります。

米3合の場合

・スープを入れる際に水50ccと塩小さじ1/2を追加して調理してください。

まとめ

お好きな魚介をたっぷり加えて炊けば、サフラン色の地中海風パエリアができあがります。

お好みの具材をトッピングすれば、華やかに仕上がります。

参照URL:http://www.moranbong.co.jp/jang/recipe/detail/id=2065

 

レシピ名:シーフードミックスの簡単パエリア

材料 (1人分)

米120cc(2/3合)

玉ねぎ1/4個

シーフードミックス50g

ミックスベジタブル30g

ミニトマト4個

好みの野菜適宜

オリーブオイル大さじ1

■ 【調味料】

塩麹小さじ2

カレー粉小さじ1

ケチャップ大さじ1

水240cc

ポーチドエッグ用卵1個

作り方

1.シーフードミックスとミックスベジタブルは解凍し ミニトマトは半分にきる玉ねぎはみじん切りにする。水と調味料を合わせておく。

2.フライパンにオリーブオイルを入れ玉ねぎを炒める 米(洗わない)を入れ透き通るまでいためる


Sponsored Link


3.合わせ調味料を入れかき混ぜ アルミホイルで蓋をする。弱火で15分加熱する。途中1〜2回かき混ぜる。

4.シーフードミックスとミックスベジタブル ミニトマト 好みの野菜を乗せてアルミホイルをかぶせ更に10分加熱する。

5.少しお焦げの香りがしてきたら火を消して5分蒸らす

6.ポーチドエッグを作る。耐熱容器に卵を割り、水大さじを1入れ、黄身を突く軽くラップし、レンジで1分加熱し、余分な水気を切る。

7.蒸らし終わったパエリアにポーチドエッグをのせる。

コツ・ポイント

米を透き通るまで炒めるとパラパラの出来上がりになります

参照URL:https://cookpad.com/recipe/4996759

 

レシピ名:シーフードパエリア

材料(4人分)

海老12尾

烏賊1杯

レモン1個

あさり24粒

人参1/2本

玉葱1/2玉

ニンニク1個

米4cup

オリーブオイル適量

塩適量

胡椒適量

イタリアンパセリ適量

ブイヨン1200cc

トマト缶1缶

作り方

1.玉葱・ニンニク・人参をみじん切りにする。レモンはくし形に切る。

2.グリルパンにオリーブオイルをひき、玉葱と人参を炒め、米を入れる。

3.米が透明になってきたら、ニンニク・トマト缶を入れて蓋をして加熱する。たまに底がつかないようにかき混ぜる。

4.フライパンにオリーブオイルをひき、皮を剥き背わたをとった海老と、輪切りにした烏賊を塩胡椒して炒める。

5.あさりは酒蒸しにする。

6.3に具材を盛り付け、上にイタリアンパセリとレモンを飾る。

コツ・ポイント

鋳物であるグリルパンを使うことで米に火がとおりやすくなります。彩をよくするためにレモンとイタリアンパセリを添えました。

参照URL:https://cookpad.com/recipe/4989835

 

料理の先生【小池浩司】さんの紹介

生年月日:1974年

出身地:岐阜県

学歴:エコール辻大阪フランス・イタリア料理マスターカレッジ 辻調グループフランス校卒業

フレンチ、イタリアン、エスニック、洋食などオールジャンルが得意だそうです。

フランスでは、「ル・ピラート」で研修し、「2014年アンドレ・ジュネ杯第11回料理コンクール プロフェッショナル部門」にて優勝しました。

日本の食材を使って、おいしくできる西洋料理を伝えたいと思っています。

フランスやイタリアなど、ヨーロッパで見たり、食べたり、作ったりした料理やお菓子をご家庭用にアレンジして紹介していきます。

小池浩司さんの紹介

 

上沼恵美子のおしゃべりクッキングの紹介

上沼恵美子のおしゃべりクッキング(テレビ朝日)

レギュラー放送:月曜~金曜 13時40分~13時55分

「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」は1995年4月3日に始まりました。

今まで番組において紹介したレシピは4600を超えています。

和・洋・中・日本の料理のプロ養成学校、辻調理師専門学校の熟練した先生方が、考えた究極のメニューを紹介しています。

料理を作りながらゲストとの和やかなトークで場を盛り上げるのが、司会の上沼恵美子さん。

おじゃべりしながら、楽しく料理を作り美味しくいただく、本当にあっという間の15分間です。

放送された毎日のレシピは、月刊テキスト本やパソコン、スマートフォン、携帯電話やデータ放送でも確認できます。

皆さんの食卓を楽しく有意義にする「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」を応援よろしくお願いします。

詳細:https://www.asahi.co.jp/oshaberi/

コメント

タイトルとURLをコピーしました