ガルバンゾーのカレーおしゃべりクッキング【上沼恵美子のおしゃべりクッキング】(2月4日)

小池浩司さんが教える本格的「ガルバンゾーのカレーレシピ」。豆で元気~体にいいごちそう~ガルバンゾーのカレーの作り方!

2020年2月4日(火)13時40分~13時55分 (テレビ朝日)で放送の上沼恵美子のおしゃべりクッキングの家庭で出来る料理の作り方を紹介する料理バラエティ番組。

今日はインドカレーの定番の一つが家庭でサッと簡単に出来ちゃいます。


Sponsored Link


ガルバンゾーのカレーの作り方・レシピ

材料(2人分)

  • ひよこ豆(ドライパック)200g
  • クミンシード 小さじ1/2
  • 油 大さじ2
  • 香菜(シャンツァイ)5g
  • 玉ねぎ 150g
  • カレー粉 小さじ2
  • ブイヨン 300ml
  • トマトの水煮(カットタイプ)150g
  • 塩 小さじ1
  • ガラムマサラ 小さじ1
  • ご飯 適量
  • 塩 適量

作り方

1.香菜は2cm長さに切り、玉ねぎはみじん切りにする。

2.フライパンにクミンシードと油を入れて弱火にかけ、ゆっくりと炒めて香りを移し、玉ねぎを加えて中火で5分炒める。

3.(2)にカレー粉を加えて弱火で炒め、ひよこ豆、ブイヨン、トマトの水煮、分量の塩を加えて強火で煮立て、アクを取り除き、弱火で10分煮る。

4.(3)の火を止め、ガラムマサラを加えて塩で味を調え、器にご飯とカレーを盛り、香菜をのせる。

料理のポイント

クミンシードは弱火で炒める。火を止めてガラムマサラを加える。

まとめ

トマトの酸味がなんともいえずおいしいですね。普通のカレーとは味わいが違いますが、ちゃんとスパイシー。食べごたえも十分です!

 

おすすめの【ガルバンゾーのカレー】作り方・レシピ3選!

レシピ名:超簡単!チキンとひよこ豆のスパイスカレー

材料(4人分)

■ チキンカレー

【A】ヨーグルト大さじ3

【A】カレー粉大さじ1.5

【A】オリーブオイル大さじ1/2

【A】塩小さじ1/2

鶏もも肉 300g

オリーブオイル 大さじ3

にんにく1片(チューブの場合は小さじ1)

しょうが1片(チューブの場合は小さじ1)

トマトジュース(無塩) 200ml

カレー粉 大さじ1.5

チリペッパー 小さじ1/4

ガラムマサラ 小さじ1

シナモン 小さじ1/2

水 50ml

■ ひよこ豆のカレー

にんにく1片(チューブの場合は小さじ1)

しょうが1片(チューブの場合は小さじ1)

オリーブオイル 大さじ3

玉ねぎ 1個

ひよこ豆(水煮)200g

トマト 1個

カレー粉 大さじ2

■ バスマティライス(お好みの量で。普通の白米でも)

■ お好みの副菜(紫キャベツのマリネ、キャロットラペ、パプリカのマリネ、パクチーなど)

作り方

1.チキンカレーを作る。ボウルにひと口大に切った鶏肉と、Aを入れてマリネしておく。

2.にんにく、しょうがをオリーブオイルで中火で炒め、カレー粉を入れる。香りがたったらそこにスパイス類を入れて炒める。

3.トマトジュースを入れ、蓋をして少し煮詰める。弱火にして、②をマリネ液ごと入れる。水を加えて、中火で10分前後ひと煮立ち。

4.塩(小さじ1程度が目安・分量外)で味を整えて完成。

5.ひよこ豆のカレーを作る。にんにく、しょうがをオリーブオイルで炒める。

6.薄切りにした玉ねぎを加え、しんなりするまで炒める。さらにひよこ豆を加えて炒める。

7.ひと口大に切ったトマトと、カレー粉を加えてさっと炒める。


Sponsored Link


8.塩(小さじ1.5程度が目安・分量外)で味を整えて完成。皿に盛り付け、お好みの副菜をのせる。

コツ・ポイント

【チキンカレー】

・最初にマリネすることで、肉が柔らかくなります。

・トマトジュースを煮詰めるときは、はね防止のために蓋をします。

【ひよこ豆のカレー】

・たまねぎはむやみに触りすぎずに、時たまひっくり返すように焼くと早く炒められます。

参照URL:https://cookpad.com/recipe/5419739

 

レシピ名:ガルバンゾのビーンズカレー

材料(2人分)

ご飯 400g

豚もも肉 100g

玉ねぎ 1個 190g

にんじん 1/2本 90g

にんにく 1/2かけ 3g

カレールウ 2人分

サラダ油 適量

サラダクラブ ガルバンゾ(ひよこ豆) 1袋 50g

作り方

1.フライパンに油をひいて熱し、みじん切りにしたにんにくと玉ねぎを色づくまで炒める。

2.鍋に油をひいて熱し、豚もも肉と角切りにしたにんじんを炒め、1と水(分量外)、ガルバンゾを加え、野菜がやわらかくなるまで煮る。

3.2にカレールウを入れ、弱火で約20分煮込む。

4.器にご飯を盛り、3をかける。

調理のポイント

豚肉の代わりに、ツナや鶏肉でもおいしく召しあがれます。

参照URL:https://www.kewpie.co.jp/recipes/recipe/QP00051/

 

レシピ名:ひよこ豆のカレー

材料 (5人分)

ひよこ豆(水煮)250g

玉ねぎ 1個

トマト 1個

S&Bおろしにんにく 小さじ1

S&Bおろししょうが 小さじ1

サラダ油 大さじ1

S&Bクミンシード(ホール)小さじ1

S&Bゴールデンカレー1/2箱(99g)

水 750ml

【ターメリックライス】

白米 3合

水 適量

S&Bターメリック(パウダー)小さじ1/2

作り方

【1】炊飯器に洗った米、目盛りの水を入れ、ターメリックを加えて軽くかき混ぜ炊飯します。

【2】玉ねぎはみじん切り、トマトはざく切りにします。

【3】鍋にサラダ油を熱し、クミンシードを炒めて香りを出します。玉ねぎを入れてしんなりするまで炒め、おろしにんにく、おろししょうが、トマトを加えてさらに3分ほど炒め、ひよこ豆と水を加えて10分ほど煮込みます。

【4】いったん火を止めてルウを割り入れてよく溶かし、再び弱火で煮込みます。

【5】器にターメリックライス、【4】のカレーを盛ります。

お好みでターメリックライスにパセリを振ってもよいでしょう。

参照URL:https://www.sbfoods.co.jp/recipe/detail/05046.html

 

料理の先生【小池浩司】さんの紹介

生年月日:1974年

出身地:岐阜県

学歴:エコール辻大阪フランス・イタリア料理マスターカレッジ 辻調グループフランス校卒業

フレンチ、イタリアン、エスニック、洋食などオールジャンルが得意だそうです。

フランスでは、「ル・ピラート」で研修し、「2014年アンドレ・ジュネ杯第11回料理コンクール プロフェッショナル部門」にて優勝しました。

日本の食材を使って、おいしくできる西洋料理を伝えたいと思っています。

フランスやイタリアなど、ヨーロッパで見たり、食べたり、作ったりした料理やお菓子をご家庭用にアレンジして紹介していきます。

小池浩司さんの紹介

 

上沼恵美子のおしゃべりクッキングの紹介

上沼恵美子のおしゃべりクッキング(テレビ朝日)

レギュラー放送:月曜~金曜 13時40分~13時55分

「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」は1995年4月3日に始まりました。

今まで番組において紹介したレシピは4600を超えています。

和・洋・中・日本の料理のプロ養成学校、辻調理師専門学校の熟練した先生方が、考えた究極のメニューを紹介しています。

料理を作りながらゲストとの和やかなトークで場を盛り上げるのが、司会の上沼恵美子さん。

おじゃべりしながら、楽しく料理を作り美味しくいただく、本当にあっという間の15分間です。

放送された毎日のレシピは、月刊テキスト本やパソコン、スマートフォン、携帯電話やデータ放送でも確認できます。

皆さんの食卓を楽しく有意義にする「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」を応援よろしくお願いします。

詳細:https://www.asahi.co.jp/oshaberi/

コメント

タイトルとURLをコピーしました