海老のソテー クミン風味の作り方・レシピ【上沼恵美子のおしゃべりクッキング】(1月9日)

新年のごちそう「海老のソテー クミン風味」レシピ。今日は小池浩司先生が作る海老のクミン風味のソテーの作り方とポイントを紹介します。

2020年1月9日(木)13時40分~13時55分 (テレビ朝日)で放送の上沼恵美子のおしゃべりクッキング

今日は海老をクミンとバターで炒めたリッチかつエスニックな一品です。乞うご期待!


Sponsored Link


海老のソテー クミン風味の作り方・レシピ

材料(2人分)

  • えび14尾(180g)
  • スイートコーン60g
  • ほうれん草50g
  • バージンオリーブ油大さじ1
  • バター10g
  • クミンパウダー小さじ1/4
  • 塩適量
  • こしょう適量

作り方

えびは背わたを取り、尾を残して殻をむく。

ほうれん草は5cm長さに切って洗い、水気をきる。

バターを室温に戻してクミンパウダーを混ぜる。

えびに塩、こしょうをし、フライパンにバージンオリーブ油を熱して中火で色よく炒め、スイートコーン、ほうれん草、塩を加えて炒める。

(4)のフライパンの中央を空けて(3)を加え、溶けて香りが出たら全体を混ぜ合わせて器に盛る。

料理のポイント

室温に戻したバターにクミンパウダーを混ぜる。えびは中火で色よく焼く。

まとめ

クミンバターが利いていますね。どうやって味つけしたの?と思うような不思議でやさしい味わい。えびもコーンも100倍おいしくなっていますね!

 

おすすめの【海老のクミン炒め】作り方・レシピ3選!

レシピ名:エビのクミン炒め

材料 (2人分)

むきえび 200g

ピーマン 2個

塩こしょう 少々

サラダ油 小さじ1

クミンシード(ホール)小さじ1/2

おろしにんにく小さじ1/2

鶏丸ごとがらスープ(顆粒)小さじ1

レモンの絞り汁 適量

作り方

【1】ピーマンはヘタと種を除き、1cm程度の角切りします。

【2】フライパンにサラダ油を入れて火にかけ、まず2-3粒のクミンシードを加えてみて、シューッと細かい泡が出るようになったら残りのクミンシードを入れて、焦げないように注意しながら炒めます。クミンの香りが立ってきたら、むきエビとおろしにんにくを加えて炒めます。

【3】えびの表面の色が変わったらピーマン、がらスープを加えてさらに炒め、仕上げにレモンの絞り汁を振ります。

クミンの上手な炒め方(スタータースパイスとしての使い方)をこちらで詳しくご紹介しています。

クミンシードのエスニックな香りとプチッとした食感がエビのおいしさを引き立てます!

参照URL:https://www.sbfoods.co.jp/recipe/detail/02786.html

 

レシピ名:海老と野菜のクミン炒め

材料 (2人分)

海老(バナメイかブラックタイガー)200g

ブロッコリー 100g(約1/2個)

かぶ 150g(約2個)

玉ねぎ 100g(約1/2個)

ラディッシュ 4個

ヤングコーン 4本

サラダ油(炒め用)20g

クミンシード 5g

塩 適量(全食材の1.5%)

作り方

1.海老は殻をむいて背わたを取る。

※お好みですが、しっぽの先だけ残しておくと(剣は取る)見栄えがよいです

2.ブロッコリーを一口大の房に分けて、沸騰した湯で1分下茹でする

3.かぶはくし切り(最も厚みのある部分が2cm程度になるぐらい)、玉ねぎは3cm角程度の角切りにする

4.ラディッシュは半分に切る。ヤングコーンは斜めに半分に切る

5.フライパンを中火で温め、サラダ油を入れ、その中にクミンシードを入れる


Sponsored Link


6.すぐに海老と全ての野菜を入れ、クミンシードを全体にからめる。

塩を全体にふり、3分間焼き続けたら完成

7.※6で焼く時は、フライパンを振る必要はなく、海老・野菜の片面が焼けたらひっくり返す程度の焼き方がよいです

8※7のため、フライパンの大きさと食材量のバランスが大切です。山盛りにならず、全食材が常に鍋肌に触れている程度が適量です

コツ・ポイント

・人間が美味しいと感じる塩分濃度は1〜2%と言われていますが、塩の量はお好みで調整してください。

・海老は焼きすぎると縮んで食感が悪くなるため、火が通ったら先に皿に避けておいた方がよいです。

参照URL:https://cookpad.com/recipe/5668171

 

レシピ名:エビのホットクミンソテー

材料 (4人分)

[A]

・ハウスギャバン

クミン・・・・・小さじ1

レッドペパー・・小さじ1/4

・白ワイン・・・・大さじ2

・塩・・・・・・・小さじ1/4(好みで加減を)

・えび(中)・・・10尾

・青ねぎ・・・・・適宜

・にんにく・・・・1/4カケ

・オリーブ油・・・適量

作り方

1、準備:

・[A]をあわせておきます。

・エビは殻をむいて、背ワタを取ります。

・青ネギは小口切り、にんにくはみじん切りにします。

2、フライパンにオリーブ油をひき、にんにくを入れます。強火で熱し、香りが出たら、エビを加え、フライパンをゆすって炒めます。

3、エビの色が変わってきたら、[A]を加え、水分を飛ばすように炒めます。

皿に盛り、青ネギをちらして、できあがり。

参照URL:https://www.recipe-blog.jp/spice/recipe/6431

 

料理の先生【小池浩司】さんの紹介

生年月日:1974年

出身地:岐阜県

学歴:エコール辻大阪フランス・イタリア料理マスターカレッジ 辻調グループフランス校卒業

フレンチ、イタリアン、エスニック、洋食などオールジャンルが得意だそうです。

フランスでは、「ル・ピラート」で研修し、「2014年アンドレ・ジュネ杯第11回料理コンクール プロフェッショナル部門」にて優勝しました。

日本の食材を使って、おいしくできる西洋料理を伝えたいと思っています。

フランスやイタリアなど、ヨーロッパで見たり、食べたり、作ったりした料理やお菓子をご家庭用にアレンジして紹介していきます。

小池浩司さんの紹介

 

上沼恵美子のおしゃべりクッキングの紹介

上沼恵美子のおしゃべりクッキング(テレビ朝日)

レギュラー放送:月曜~金曜 13時40分~13時55分

「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」は1995年4月3日に始まりました。

今まで番組において紹介したレシピは4600を超えています。

和・洋・中・日本の料理のプロ養成学校、辻調理師専門学校の熟練した先生方が、考えた究極のメニューを紹介しています。

料理を作りながらゲストとの和やかなトークで場を盛り上げるのが、司会の上沼恵美子さん。

おじゃべりしながら、楽しく料理を作り美味しくいただく、本当にあっという間の15分間です。

放送された毎日のレシピは、月刊テキスト本やパソコン、スマートフォン、携帯電話やデータ放送でも確認できます。

皆さんの食卓を楽しく有意義にする「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」を応援よろしくお願いします。

詳細:https://www.asahi.co.jp/oshaberi/

コメント

タイトルとURLをコピーしました