海老の鬼殻焼きの作り方・レシピ【上沼恵美子のおしゃべりクッキング】(1月6日)

お正月料理の定番のエビとカニが大活躍!「海老の鬼殻焼き」レシピ。今日は岡本健二先生が作る海老の鬼殻焼きの作り方とポイントを紹介します。

2020年1月6日(月)13時40分~13時55分 (テレビ朝日)で放送の上沼恵美子のおしゃべりクッキング

今日は殻ごと食べられて香ばしさが広がる絶品えび料理の一品です。


Sponsored Link


海老の鬼殻焼きの作り方・レシピ

材料(2人分)

  • えび8尾
  • れんこん100g
  • ししとう6本
  • 木の芽6枚
  • 油大さじ3
  • ☆合わせだれ
  • 酒大さじ1 1/3
  • みりん大さじ1 1/3
  • 砂糖小さじ1/2
  • しょうゆ大さじ1 1/3
  • しょうが汁小さじ1

作り方

えびは足を取り、殻つきのまま背開きにして背わたを取る。

れんこんは皮をむいて5mm厚さの半月切りにし、ししとうはヘタを切り落とす。

合わせだれの酒、みりん、砂糖、しょうゆ、しょうが汁を混ぜ合わせる。

フライパンに油大さじ3を熱し、えびの殻を下にして蓋で押さえながら中火で焼き、殻がこんがりしたら取り出す。

フライパンのえびの油でれんこん、ししとうを中火で焼き、(3)を加え、えびを戻し入れてからめ、器に盛り、木の芽を散らす。

料理のポイント

えびは蓋で押さえて殻全体を焼く。えびの香りのついた油で野菜を炒める。

まとめ

えびの食感が楽しめるお料理ですね。殻の香ばしさがすごくいい!見た目が華やかだしおいしいし、言うことなしです。

 

おすすめの【海老の鬼殻焼き】作り方・レシピ3選!

レシピ名:有頭海老の黄金マヨ焼き レシピ・作り方

材料 (2人前)

エビ (有頭、生) 2尾

①料理酒 大さじ1

①塩小さじ 1/4

黄金ソース

マヨネーズ 大さじ1

卵黄 1個

パセリ (生) 適量

作り方

準備.パセリはみじん切りにしておきます。

1.エビは殻付きのまま背に切り込みを入れ、背ワタを取り除き、尾の中央にあるけん先を取り除きます。竹串を腹側に尾から頭に向けて刺します。

2.バットに1と①を入れて、手でなじませ、ラップをかけて10分程置きます。

3.ボウルに黄金ソースの材料を入れて、よく混ぜ合わせます。

4.2の水気をキッチンペーパーで拭き取り、形を整え、切り込みに3を入れます。

5.アルミホイルを敷いた天板に4をのせ、全体に薄く焼き色がつくまでオーブントースターで10分程焼きます。 ※竹串が剥き出てしまう場合はオーブントースターで加熱すると竹串が発火する恐れがあります。目を離さずに様子を見ながら加熱してください。

6.器に盛り付け、パセリをのせて出来上がりです。

料理のコツ・ポイント

お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W200℃で焼いています。

焼き色が付きすぎてしまう場合は、アルミホイルをかけてください。

エビの種類によって焼き時間を調整してください。

エビはお好みで殻を取り除いてからお使いいただいても構いません。

竹串はオーブントースターの熱源に直接触れたり、温まりすぎると発火の恐れがあります。

加熱している際は目を離さずに様子を見ながら加熱を行ってください。

心配な場合は剥き出ている部分をアルミホイルで巻くとより安心ですよ。

まとめ

おせちやおもてなしに、有頭エビの黄金焼きをご家庭で作ってみませんか。

エビは、長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きすることを願っておせちや正月飾りに使われています。

主にウニと卵黄を使われますが、今回はマヨネーズを入れてアレンジしました。ぜひお試しくださいね。

参照URL:https://www.kurashiru.com/recipes/1d49eaf5-3a6e-4472-a3e4-f0eb6e0d1782

 

レシピ名:海老の鬼殻焼き

材料

有頭海老8尾


Sponsored Link


醤油 大さじ4杯

酒 大さじ2杯

みりん 大さじ2杯

作り方

1.海老は、身の足を取り除き、背わたを抜く。

2.はさみで背に沿って切り込みを入れ、味をしみこませやすくする。

3.ビニール袋を二重にし、調味料を入れて、下処理した海老を漬け込み、冷蔵庫で数時間なじませる。

4.オーブントースターの天板に金網またはホイルをしき、12~13分焼く。

まとめ

おせちの一品ですが、酒のおつまみにもなります。オーブントースターで焼くだけで簡単で見栄えがします。

参照URL:https://cookpad.com/recipe/2513877

 

レシピ名:赤海老の鬼殻焼き 味噌マヨ仕立て

材料 (10尾分)

赤海老10尾

☆砂糖大さじ1

☆みりん大さじ1

☆味噌大さじ1

☆マヨネーズ大さじ1

☆醤油小さじ1

作り方

1.☆を全て合わせておく。

2.海老は縦半分に切る。(髭が長い場合は、切り落とすと食べやすいです)

3.2の身の部分に1をつけて、魚焼きグリルで焼く。
(※グリルの種類にもよりますが、加熱時間は6~7分くらい。)

4.お皿に盛って出来上がり♡

コツ・ポイント

※2の工程で海老を2つに切る方法…

①腹部に包丁を入れてしっぽに向かって包丁を入れて切る。

②海老を180度回転させ、腹部から頭に向かって包丁を入れて切る。

参照URL:https://cookpad.com/recipe/1799487

 

料理の先生【岡本健二】さんの紹介

日本料理は、「和のお惣菜」「母の味」と表現されることがあります。

どの年代の方にも心から安心して、安らぐ温かい味を大切にしていると思います。「料理は愛情」で、ひと手間加えることによっておいしくなります。

簡単で作りたくなる料理はもちろん、そしてふっと思い出した時に、また作りたくなる、食べたくなる料理を一つでも多く、みなさまにご紹介していきたいと思います。

よろしくお願いします。

岡本健二さんの紹介

 

上沼恵美子のおしゃべりクッキングの紹介

上沼恵美子のおしゃべりクッキング(テレビ朝日)

レギュラー放送:月曜~金曜 13時40分~13時55分

「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」は1995年4月3日に始まりました。

今まで番組において紹介したレシピは4600を超えています。

和・洋・中・日本の料理のプロ養成学校、辻調理師専門学校の熟練した先生方が、考えた究極のメニューを紹介しています。

料理を作りながらゲストとの和やかなトークで場を盛り上げるのが、司会の上沼恵美子さん。

おじゃべりしながら、楽しく料理を作り美味しくいただく、本当にあっという間の15分間です。

放送された毎日のレシピは、月刊テキスト本やパソコン、スマートフォン、携帯電話やデータ放送でも確認できます。

皆さんの食卓を楽しく有意義にする「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」を応援よろしくお願いします。

詳細:https://www.asahi.co.jp/oshaberi/

コメント

タイトルとURLをコピーしました