ファスティングダイエットのプチ断食効果と注意点


Sponsored Link


buchi1

最近よく聞くファスティングダイエットって知っていますか?

睡眠時間も含めて12時間程度の断食期間を作ったりすることで、食欲を抑え、代謝をアップさせるプチ断食ダイエットなのです。

芸能人では、米倉涼子さんや小倉優子さんも実践していますが、ファスティングダイエットのポイントや注意点についてまとめてみました。


Sponsored Link


ファスティングダイエットとは

puchi1

時間や期間を決め、断食を行うことで、体重を落とし、健康維持・代謝アップさせるダイエット方法です。

 【1~3日】

短期タイプの水や酵素ジュースのみで断食をする

buchi6

固形物を取らず、水分と酵素ジュースで栄養分を補います。

【毎日タイプ】

寝る前に4時間程度の何も食べない時間を作り、睡眠時間も含めて12時間程度の断食をする
syokuyoku11

ファスティングダイエットの効果

buchi2

胃や腸、腎臓、肝臓は食べ物や飲み物をとることで、毎日消化するために酷使されています。

臓器を休めてあげる事で、内臓の機能が回復しますので、消化アップします

1、体内にたまった毒素を排出し、代謝をアップする。

2、エネルギー不足状態を一時的に作り、強制的に脂肪を燃焼させることができる。

3、解毒デトックスすることで、胃腸を休める効果もある

4、水分や酵素ジュースを多く飲むことにより、デトックス効果を促します。

5、臓器が休まると、白血球が活性化し、感染やガン細胞の増殖を抑える働きをします。化学物質や重金属を解毒し、消化を正常にするので、アレルギーの緩和にも役立ちます。

6、自然と胃が小さくなります。

ファスティングダイエットの注意するポイント

1準備期間、断食期間、回復食期間中には喫煙や飲酒、間食をしないようにしましょう。

buchi4

2、次のファスティングダイエットは、2~3ヶ月程度は空ける

buchi8

3、ファスティング終了後にドカ食いすると、リバウンドしやすい

puchi5

4、終わって2~3日はおかゆ程度にするといいでしょう。
puchi1

5、カラダを動かすための栄養がないので、激しい運動は控える
puchi7

期間を延長したり、間違ったやり方をすると失敗に繋がる。

期間は、最長でも3日間程度までで、期間中は必ず水分を取るようにしましょう。

ファスティングダイエット効果的な時期・状態

ダイエットをする際は、カラダの状態や時期がとても重要です。
sumu-ji2

健康な状態のときに行う

ファスティングダイエットははあくまで健康な方がダイエット、健康維持、疾患予防を目的としてするものなので、健康状態ではない場合は、やめておきましょう。

生理が終わってから1週間位の痩せやすい時期に行う。

女性は、ホルモンバランスによって痩せやすい時期がありますので、その時期にダイエットを行うと効果的です。

まとめ

buchi7

ダイエットはコツコツやるのが一番といえ、やっぱり短期間で数字が見えると嬉しいものですね。

ファスティングダイエットは、このままの調子で頑張ろう!とダイエットのモチベーションを上げてくれます。

ダイエットで一番難しいのはモチベーションのコントロールなので、いつもなかなかダイエットをスタートさせることができない人には、思い切ってプチ断食から始めると続きやすそうです。


Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする