餃子とビール?!餃子ダイエットで健康的に痩せる効果と方法!

餃子と言うと、太るイメージがありますが、実は低カロリーで栄養価も高く、一緒に一杯のビールも飲んで楽しくダイエットできると今、話題を呼んでいます。

より効果を出したければ、朝食バナナを取り入れるなど、ユニークな餃子ダイエットの効果と成功方法をご紹介します。

餃子ダイエットとは?

餃子ダイエットの方法は夜に餃子を食べるだけでの簡単なダイエット方法で、プロボクサー用の減量方法を活用したダイエット法です。

もともとは餃子は栄養素をバランスがよく、そこに注目した、ボクサーの減量でも実績がある「夜餃子ダイエット」です。

某テレビ番組の放映によると、10日間で9キロ痩せたとという実績もあるそうです。

危険な糖質制限ダイエットでないのがポイント!

ご飯を食べない、という意味では流行の「糖質オフ」ダイエットに近いともいえますが、糖質制限ダイエットとの違いは、餃子の皮が炭水化物であるという点です。

まったく糖質を取らないダイエットが問題視されている中、餃子には肉(タンパク質、脂質)野菜(ビタミン、ミネラル)だけでなく皮(炭水化物)があります。

皮(炭水化物)には、適度な糖質が含まれており、効率的なダイエットが可能なのです。

餃子は1個18g中、具材が13gほどですが皮は5gほどです。3分の1くらいは糖質が入っていますので、必要な分の糖質は必ず摂れるようになっているんです。

適度に炭水化物を摂ることがダイエットを成功させるポイントなんです。

餃子ダイエットの嬉しい効果

1、餃子は完全食?

実は、餃子はたんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルの5大栄養素を網羅する完全食なのです。

餃子とビールは最高だけど、カロリーが心配……と今まで思ってたけど、実はダイエットに最適な完全栄養食なのです。

餃子は「完全食」と言われるほど、人の健康を維持するのに豊富な栄養素を含んだ食材!

タンパク質、脂質、炭水化物の人間の生命活動に必要な3大栄養素に加え、それらをエネルギーに変換するビタミン、ミネラル類など5大栄養素までバランスよく含む完全栄養食です。

色んな材料が使われている餃子は、健康的に痩せることができるんです。餃子は1個が18gほどと軽く、しかも栄養素が凝縮しています。

さらに餃子には肉・野菜・炭水化物が全て含まれており、栄養素がバランス良くとれるので、極端なダイエット法よりも偏りなく栄養をとりつつ痩せられるのが特徴です。

2、餃子で代謝が良くなる?

よくある単品ダイエットは基礎代謝が落ち、最初は痩せても、リバウンドの原因にもなります。

単品食ダイエットや低炭水化物ダイエットでは必要な栄養素が足りず、基礎代謝が落ちてしまいます。

体に必要としている栄養が摂取できるようになるため、餃子ダイエットは健康的にダイエットが出来るためオススメできます。

餃子の主な材料はひき肉、野菜、餃子の皮です。

具材に使うしょうが、にんにく、ニラには代謝を上げてくれる栄養素も入っているので、食べても体重が落ちやすくなっていきます。

餃子にはニラやキャベツなど野菜が豊富に使用されていますし、力になってくれるお肉も使われています。

ビタミンBが多く含まれる豚肉を使った餃子は、ニラとニンニクでさらに栄養吸収の高い食物になり、身体を温めてくれる生姜とあわせて、代謝を上げて痩せやすい体質にしてくれます。

基礎代謝量を上げて太りにくい体づくりの方法

3、消化がよく便通にも良い!

餃子は、材料が細かく切ってあるので消化がよく、夜食べても胃への負担が少ないのです。消化がいいので排泄にもつながります。

ひき肉と刻んだ野菜は消化にも優しく、お通じにもいいです。それでは、健康的なダイエットに効果のある、餃子ダイエットの方法をご紹介します。

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維が多い食品!便秘解消の効果は?!

餃子ダイエット成功の方法!

夕食を餃子だけにする

餃子だけでも、栄養が多く含まれているからOKなんだそうです。

やり方を簡単に言えば、夕食を白米抜きの餃子だけにする、これだけなんです。

タンパク質を摂ると筋肉が休息しているとき、つまり睡眠中に筋肉に合成されるので、夜タンパク質を摂るのが最適なのです。

一食300gの餃子を食べる

夜に餃子のみ300g分食べることで、燃費の良い体づくりができるそうです。

このダイエットは分量を守ることが大切です。300g食べることでよい便通を促し、老廃物もデトックスできるのです。

300gだと大きさにもよりますが12~16個ぐらいです。

夜食べる餃子は300gという掟に従うと、190gの約1.6倍なので392kcal/脂質10.56g(12~13個分)となります。

このダイエットは分量を守ることが大切です。300g食べることでよい便通を促し、老廃物もデトックスできるのです。

美容効果抜群!「デトックスウォーター」の作り方とレシピ7選

なんと、一緒にビールを飲んでもOK!

餃子を300gと水分を500g以内取ります。代謝を活発にする炭酸を一緒に取るのもオススメで、ビールも1杯までは飲んで良いそうです。

ビール酵母はタンパク質を合成し、必要な栄養を摂り不要なものを排出する効果があります。餃子は外食や市販のものでもOKです。

セルライトの潰し方!簡単に自宅でセルライトを除去する方法!

より効果を出したければ、朝食バナナ!

朝食にエネルギーに変わりやすいバナナをとり、昼は夜まで腹持ちのよい食事を自由にとります。

朝はバナナ1本と更に100%のオレンジジュースをコップ1杯飲むのが理想的のようです。

バナナは100%のオレンジジュースとの組み合わせによりエネルギーに早く変わりますし、ビタミンCは朝にいちばん体が吸収するのです。

50代から簡単に痩せられる?効果的に基礎代謝を上げる方法!

体脂肪を減らす簡単トレーニングでやせ体質に

50代から簡単に痩せられる?効果的に基礎代謝を上げる方法!

餃子とビール?!餃子ダイエットで健康的に痩せる効果と方法!まとめ

無理な食事制限より、これなら続けられそうな餃子ダイエット!今までは、ダイエットには避けがちだった餃子が、実はこんなにダイエット向けのメニューだったとは驚きですね。

ぜひ、食事に餃子を取り入れつつ、健康的にスリムボディを手に入れてくださいね。