【上沼恵美子のおしゃべりクッキング】カブと海老の煮込みの作り方とレシピ(11月21日)

石川智之さんが教える本格的「カブと海老の煮込みレシピ」。安く美味しく簡単にできるカブと海老の煮込みの作り方とポイントを紹介します。

2019年11月20日(木)13時40分~13時55分 (テレビ朝日)で放送の(番組タイトル)上沼恵美子のおしゃべりクッキングの家庭で出来る料理の作り方を紹介する料理バラエティ番組。

今日は、カブと海老の煮込み時間は短く、彩りもよくて食欲をそそる一品です!


Sponsored Link


カブと海老の煮込みの作り方

材料(2人分)

  • かぶ 2個(200g)
  • かぶの葉 30g
  • むきえび 80g
  • しめじ 50g
  • 油 小さじ1
  • ザーサイ(味つき) 30g
  • 中華スープ 300ml
  • オイスターソース 小さじ1/2
  • 塩 少量
  • おろししょうが 小さじ2
  • ごま油 小さじ1

作り方

むきえびは背わたを取り、半分に切る。

かぶは皮を厚めにむいて6等分のくし型に切り斜め半分に切る。葉は1cm幅に切る。

しめじは3cm長さに切り、ザーサイは1.5cm幅に切る。

フライパンに油を熱し、かぶとしめじを強火で炒めて焼き色をつけ、中華スープ、オイスターソース、ザーサイを加え、中火で2分煮る。

かぶに竹串を刺して火の通りを確認し、えび、かぶの葉を加えて中火で約1分煮て、味をみて塩少量で調え、おろししょうが、ごま油を加えてひと煮立ちさせ、器に盛る。

料理のポイント

かぶに焼き色がつくまで強火で炒める。かぶの火の通りを確認する。

まとめ

かぶがやわらかすぎずかたすぎず、ちょうどいい食感。ザーサイの風味もしっかりなじんで、とてもおいしいです。

 

おすすめの【カブと海老の煮込み】の作り方3選!

レシピ名:かぶとエビの生姜とろみあんかけ

材料 (2人前)

カブ 4個

エビ (有頭) 6尾

片栗粉 (エビ用) 大さじ1

生姜 10g

①水 300ml

①みりん 大さじ2

①顆粒和風だし 小さじ2

薄口しょうゆ 小さじ1

水溶き片栗粉 大さじ2

作り方

準備・カブと生姜は皮を剥いておきます。 エビは尻尾を残し、殻をむいておきます。

1.生姜は千切りにします。

2.カブは葉を1cmほど残し皮を剥き、半分に切ります。

3.エビは背を開き、背ワタを取ります。ボウルで片栗粉と共に揉み込み、流水で洗い、水気を切ります。

4.鍋に2と①を入れて中火で熱し、ふつふつとしてきたら落し蓋をして、弱火で10分ほど煮ます。

5.カブが柔らかくなったら1と3を入れて、中火でさっと火を通し、薄口しょうゆを加え味を調え、水溶き片栗粉を入れてとろみをつけます。

6.器に盛り付けたら完成です。

料理のコツ・ポイント

エビは冷凍やむきエビなどでも代用できます。

水溶き片栗粉は、片栗粉1、水1の割合で作っています。また、使用量はとろみの様子を見てお好みで調整してください。

まとめ

かぶとエビの旨みを閉じ込めた、生姜の風味がアクセントのあんかけの紹介です。お出汁がカブに染み込んで、優しい味わいがジュワッと口に広がります。

どこかほっとする一品なので、ご家庭の定番和食の仲間入りにいかがでしょうか。

参照URL:https://www.kurashiru.com/recipes/62cb0d69-3787-46ec-936c-f456798d01d2

 

レシピ名:カブとエビのクリーム煮

材料 (2人前)

カブ 400g

エビ (むきエビ) 120g

玉ねぎ (50g) 1/2個

クリームソース

有塩バター 10g

薄力粉 大さじ2

牛乳 300ml

コンソメ顆粒 大さじ1

塩 少々

黒こしょう 少々

作り方

準備.カブは綺麗に洗っておきます。 エビはよく洗って水気をふきとっておきます。

1.カブは葉の部分を切り落とし、葉は2cm幅に、実は4等分のくし切りにします。


Sponsored Link


2.玉ねぎは5mm幅に切ります。

3.中火で熱した鍋にバターを入れ、2を入れてしんなりするまで炒めたら、薄力粉を加え全体に炒めます。

4.牛乳、1の実を入れ、トロミがでるまでよく混ぜ合わせます。

5.1の葉、エビ、コンソメ顆粒を入れ火が通ったら塩と黒こしょうを加え、味を調えたら火から下ろします。お皿に盛りつけて、完成です。

料理のコツ・ポイント

塩加減はお好みで調整してください。

粉チーズやその他のチーズを加えると、よりクリーミーなクリーム煮になります。

まとめ

寒い日に食べたくなるあったかレシピの紹介です。カブの甘みに相性ピッタリなクリーム煮にエビを加えてみました。

エビ以外の海鮮も合いますよ。ジャガイモや、にんじんを加えてゴロゴロと食べ応えのあるクリーム煮も出来ます。ぜひ作ってみてください。

参照URL:https://www.kurashiru.com/recipes/c3f47e85-968e-40f9-815a-ad9587725401

 

かぶの海老あんかけ


材料(3人分)

かぶ 5個

エビ 120~150gくらい

だし汁 500~600cc

酒 大2

みりん 大2

醤油 大1

塩 少々

水溶き片栗粉(片栗粉+水) 大1+大2

作り方

1.かぶは茎2㎝くらい残して、皮をむく。

2.縦半分に切って、下ゆでする。

3.エビは殻と尾と背ワタを取り、片栗粉で揉んでから水でキレイに洗い流し、包丁で細かく切る。

4.だし汁を沸騰させ、酒・みりん・醤油を加え、下ゆでしたかぶを煮ます。(中火で7~8分)

5.かぶを器に盛り、煮汁にエビを入れて箸でエビをほぐしながら色が変わるまで数分煮ます。

6.塩少々を加え味が決まったら、水溶き片栗粉でとろみをつけてかぶの上にかけます。

コツ・ポイント

だしの濃さや醤油の種類(濃口・薄口で塩分が違う)がありますので、塩は少々と記載しています。

味を見ながら入れてくださいね☆

このレシピの生い立ち

スーパーに美味しそうに並んでいたカブを使って・・・

参照URL:https://cookpad.com/recipe/1279321

 

料理の先生【石川智之】さんの紹介

生年月日:1974年

出身地 :愛知県

点心全般が好きで、特に餃子が得意です。

第6回中国料理世界大会 海外麺点部門では特金賞(第1位)を受賞しました。

レシピを作るときのポリシーは、油を控え、ヘルシーに。そしてまた食べたいなという料理です。

「今晩、何がいい?」「この前の作って!」そんな風に言ってもらえるようなレシピを目指しています。

少しでも多くの方に中国料理の素晴らしさを知ってもらい、ご家庭でも作ってもらえたらうれしいです。

石川智之さんの紹介

 

上沼恵美子のおしゃべりクッキングの紹介

上沼恵美子のおしゃべりクッキング(テレビ朝日)

レギュラー放送:月曜~金曜 13時40分~13時55分

「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」は1995年4月3日に始まりました。

今まで番組において紹介したレシピは4600を超えています。

和・洋・中・日本の料理のプロ養成学校、辻調理師専門学校の熟練した先生方が、考えた究極のメニューを紹介しています。

料理を作りながらゲストとの和やかなトークで場を盛り上げるのが、司会の上沼恵美子さん。

おじゃべりしながら、楽しく料理を作り美味しくいただく、本当にあっという間の15分間です。

放送された毎日のレシピは、月刊テキスト本やパソコン、スマートフォン、携帯電話やデータ放送でも確認できます。

皆さんの食卓を楽しく有意義にする「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」を応援よろしくお願いします。

詳細:https://www.asahi.co.jp/oshaberi/

コメント

タイトルとURLをコピーしました