女性の下半身太りの原因と下半身痩せダイエット方法!

女性には洋ナシ型の体形の下半身だけどっしり太い人は見かけます。

その女性にだけ多い下半身太りの女性の方々の嘆きとその原因と下半身痩せダイエット方法についてご紹介します。


Sponsored Link


なぜ女性にだけ下半身太りが多いのか?

①良くない姿勢

筋力の低下によりO脚や姿勢が悪くなるなどの体のラインの歪みが生じやすい。良くない姿勢が習慣になることで、動脈やリンパ管の圧迫から下半身の水分の停滞につながるのです。

男性と違い筋肉量が少ないことが原因となり体のラインが歪み、そこから血流が悪化して水分が停滞しやすくなります。

たまにリラックスしている時だけ姿勢を崩すのはいいですが、常に崩れっぱなしなのはよくありませんね。

 

②女性は皮下脂肪がつきやすい

上半身と下半身で見た場合、下半身の方により多くの脂肪細胞が存在する。仮説としては、下半身に脂肪細胞を多く存在させることで、子宮という大切な臓器と、そこに宿る命を守る役割を持たせているのではないかと言われています。女性の場合は赤ちゃんを守るために脂肪細胞が下半身にだけ集中しているといわれています。

皮下脂肪は女性からは目の敵にされることが多いですが、子宮を衝撃から守るという重要な役割を果たしているのです。また、皮下脂肪には保温の効果もあり、女性の大敵である冷えから体を守ってくれます。

女性の体は赤ちゃんを産むということを前提に作られているようです。赤ちゃんを守るために皮下脂肪が付きやすくなっているとは何となく愛を感じますね。

 

③骨盤の開きや歪みが原因

出産による骨盤の開きや歪みが原因となり、血流やリンパの流れに問題が生じて足がむくみやすくなり太く見えてしまう。

女性の場合は出産を境に下半身が太りやすくなったという話をよく聞きますが、それは骨盤の開きが原因かもしれません。骨盤の開きは筋肉などと連動している為に、すぐには元に戻りませんが、根気強く運動などを続けていると元に戻ることが多いようです。

 

④塩分を摂り過ぎる

塩分を摂り過ぎると濃くなった血中の塩分濃度を薄めようと、身体が水分をためこみ、むくみの原因になります。女性に多い足のむくみは、この水分が重力によって足元に溜まる現象です。

塩分を摂取しすぎると体内の水分量が増えてしまい、その水分が重力によって下に行くので下半身が太ってしまいます。

菓子類やカップラーメンなどの塩分の濃いものを食べる習慣がある場合には注意が必要です。

 

⑤冷え

足元を冷やし、さらに放置すると、冷えます。体脂肪の働きの一つは「断熱材」。つまり脚が冷えないようにするために脂肪がつきやすくなります。冷えを改善する為に脂肪が付きやすくなり下半身だけ太ってしまいます。

女性はスカートなどを履く機会が多くなるので、それにより下半身が冷えやすくなります。下半身が冷えるとそれを回避しようと脂肪が付きやすくなるそうです。

下半身太りって下半身の『冷え』とも関係があるから、冷え性対策をすることは脚痩せにも効果があるそうです。

 

⑥血流が悪くセルライト

血流が悪化するとセルライトが発生しやすくなり下半身が太ってしまいます。また、喫煙、カフェインの過剰摂取、運動不足、便秘などもセルライト発生の原因につながります。

室内でもスクワットなどで鍛えることが出来ます。更に入浴などで毎日血流をよくするようにすると効果的です。

 

⑦歩き方に問題が!

 

かかとを引きずる人は、足の筋肉を使っていない証拠です。足の筋肉は、使うことで血液や老廃物を滞りなく流すポンプの役割をしてくれています。


Sponsored Link


太い人は細い人に比べると、歩き方に問題があることも多いです。というのも、人間は正しい歩き方をしていれば、それほど足が太くなってしまうことはないとされているのです。

 

⑧足を組む

足を組むクセのある人は、足が太くなりやすいです。足を組むと血管が圧迫されて、血行が悪くなり、足がむくみます。血行が悪いと、老廃物が流れないので、その部分がむくみになって、さらにセルライトになって、足が太くなるのです。

 

⑨サイズが合っていない靴

足に合わない靴はむくんだり運動不足を招いたり、足を太くする原因になります。

無理をして歩く必要がある靴を選んでしまうと、歩き方がおかしくなるのは当然のことです。左右のバランスが崩れてしまうだけでなく、体が歪む原因にもなります。

 

下半身痩せダイエット方法!

1.カリウムを摂取

むくみがある場合にはカリウムを摂取する。カリウムを多く含む食材はパセリ、ほうれん草、納豆、バナナ、キウイ、昆布、わかめなどがあります。

塩分の摂りすぎを改善することや、血流の悪化を防ぐことが求められます。塩分を摂り過ぎたと思ったら次の食事にこれらの食材を選ぶようにしてください。

 

塩分を摂りすぎてしまっていると思われる時はカリウムを多めに摂取するようにします。野菜や果物全般にカリウムは豊富に含まれています。

腎臓疾患などがある場合には、カリウムが体外に排出されにくくなっていますので、カリウムは摂取しすぎないように注意して下さい。

 

2.有酸素運動と筋トレ

徹底的にダイエットと運動(有酸素運動と筋トレ)をして、最後まで諦めずに頑張るしかありません。

ストイックにトレーニングを続けることが足痩せには一番だとされています。

足の筋肉を付けて代謝を促進することと、脂肪が沈着しないようにエネルギーの摂りすぎに注意するようにします。

 

3.骨盤や骨格などを矯正する

骨盤や骨格などを矯正するダイエットをすることが必要なようです。骨盤や骨格の矯正などを行うことがとても大切です。まずは姿勢を正す事から始めましょう。

体を冷やさないようにして、常に温かく保つことが重要です。

体を冷やすとそれをカバーしようと皮下脂肪が付きやすくなるので、常に温かい服装を心掛けて夜には入浴で体を芯から温めるように心がけましょう。

 

4.むくむからといって水分不足はNG!

意外に勘違いされやすいのが、「水分を取るとむくむ」 と思われている方が多いようです。実は、全く逆で水分を取らない事がむくみの原因になるのです。

勘違いされている方が多いようです。水分をしっかり取らないと、カラダの老廃物が体の中に溜まってしまいます、そして排出されないまま残った、老廃物が脂肪に変化をし、「悪玉脂肪細胞 セルライト」 になるのです。

緑茶やコーヒーなどのカフェインが入ったものや、利尿作用のあるアルコール類はNGです麦茶や水を飲むようにしましょう。水や麦茶は必要な分だけ吸収されて、不要な分は排出されるという習性を持っています。

また、運動をした後などは牛乳などの乳製品が効果的です。

 

まとめ

ダイエットしても下半身がなかなか痩せない。そんな人は生活習慣を一度見直してみてはいかがでしょうか?

何気ない生活習慣があなたの脚を太くしているのです。この際、生活習慣を改め運動を通して下半身太りを解消してみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました