【上沼恵美子のおしゃべりクッキング】南蛮混ぜご飯の作り方・レシピ(12月19日)

おなじみの簡単スピードメニュー !「南蛮混ぜご飯」レシピ。今日は岡本健二先生名が作る南蛮混ぜご飯の作り方とポイントを紹介します。

2019年12月19日(木)13時40分~13時55分 (テレビ朝日)で放送の上沼恵美子のおしゃべりクッキング

今日はカリカリのじゃこが香ばしい旨みたっぷりのご飯です。乞うご期待!


Sponsored Link


南蛮混ぜご飯の作り方・レシピ

材料(2~3人分)

  • ちりめんじゃこ50g
  • れんこん80g
  • ししとう15本
  • 油揚げ1/2本
  • 赤唐辛子1/2本
  • ご飯450g
  • 油大さじ2
  • ☆合わせ調味料
  • 梅肉20g
  • 酒50ml
  • みりん大さじ1
  • しょうゆ大さじ1 1/3

作り方

れんこんは皮をむき、縦に8等分に切って3mm厚さに切り、ししとうはへたを取って5mm幅に切り、油揚げは5mm角に切り、赤唐辛子は種を取る。

合わせ調味料の梅肉、酒、みりん、しょうゆを混ぜ合わせる。

フライパンに油、赤唐辛子、ちりめんじゃこを入れて中火で炒め、カリッとしたら、れんこん、ししとう、油揚げを加えて炒める。

(3)に(2)を加えて手早くからめ、ご飯と混ぜ合わせて器に盛る。

料理のポイント

ちりめんじゃこはカリッとするまで炒める。合わせ調味料を加えて軽く汁気をとばす。

まとめ

とってもおいしいご飯!具を炒めていますが、油のしつこさを感じません。ちりめんじゃこのカリカリ感がすごくいいですね。

 

おすすめの【南蛮混ぜご飯】の作り方・レシピ3選!

レシピ名:南蛮ごはん

材料(4人分)

米3カップ

出汁720cc

酒20cc

みりん30cc

塩小さじ4分の3

醤油25cc

仕上げ用の酒適量

とりもも50グラム

サツマイモ半分

さやいんげん適量

にんじん小 半分

シメジ適量

作り方

1.サツマイモ、さやいんげん、にんじんはサイコロ切り。。シメジ、鶏肉は、適当に切る

2.グザイは、一度油で揚げます。

*鶏肉は、霜降り程度の揚げ具合。

3.なべに調味料をいれ、だしを作り、冷ます

4.冷ましただしと米をなべに入れ、米をたく。

最初は、強火、沸騰したら、弱火にして約15分蒸らす。

5.蒸らし終えたら、仕上げ用の酒を少しふり、全体をざっくり混ぜ、器に盛ってから、胡椒を少しふる。

コツ・ポイント

ご飯を炊くときに、緑もの(さやいんげんなど)を一緒に入れると、色がとびます。

ご飯が炊き終わってから、揚げたさやいんげんを散らすと色飛びしません。

このレシピの生い立ち

料理研究家 陽炎。南蛮ごはんです。

参照URL:https://cookpad.com/recipe/1742300

 

レシピ名:残り物リメイク!南蛮漬けの残り汁で炊き込みお寿司♪ レシピ・作り方

材 料(4人分)

米3合

南蛮漬けの残り汁1カップ

めんつゆ大さじ1〜2

ツナ缶1缶

大豆の水煮1パック

人参の千切り中1/2〜1本

キノコ(まいたけ、しめじ等)1パック

乾燥ひじき大さじ2〜3

その他お好みの具材下記参照

水2カップ弱

☆きゅうり1本

☆塩少々お料理する上で知っていただきたいこと お料理する上で知っていただきたいこと


Sponsored Link


作り方

1.材料を炊き込みご飯にちょうどいいサイズに切る

2.人参は、スライサーで千切りにすれば、炊き上がり後、混ぜればみじん切りサイズになるので、スライサーで手抜き(^^)

3.お米を炊飯器にセット後、南蛮漬けの汁+ツナ缶の汁を入れる。

4.めんつゆ大さじ1〜2を入れ、水を炊飯器の規定量より少し少なめにいれる。(きのこから水分が出るので)

5.南蛮漬けの汁がいっぱいある時は、水とめんつゆを減らしてね(^^)

6.ご飯の上に具材を載せ、炊飯器のスイッチをオン♪

7.炊いている間に、☆印のキュウリをスライスして、塩を振って、10分くらい置いてから、絞っておく。

8.炊き上がったら、キュウリも一緒によく混ぜて、出来上がり♪

9.その他の具材は、油揚げや、ちくわを入れることがあります(^^)

きっかけ

南蛮漬けの汁、もう一度漬け込んでも何か美味しくないし、捨てるのが勿体無くて(^^;;

おいしくなるコツ

水加減が多すぎないほうが美味しいかな?

参照URL:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1430004885/

 

レシピ名:あさイチかぐらなんばん味噌の混ぜご飯のレシピ・作り方

材料(2~3人分)

かぐら南蛮味噌 大さじ2と1/2

温かいごはん お茶碗2杯分(約300g)

みょうが 2個

青紫蘇 10枚

白ごま 大さじ1

作り方

1.みょうがは薄めの輪切りにする。

その後水にさらす。

青紫蘇は千切りにして、こちらも水にさらす。

2.ボウルに温かいごはん、かぐら南蛮味噌、白ごまを加えて混ぜ合わせる。

3.1のみょうがと青紫蘇を取り出し、水けをふき取る。

最後に飾る分を少し残し、2に加え、ざっくりと混ぜ合わせる。

4.器に盛り付け、飾り用のみょうがと青紫蘇を乗せ完成です。

まとめ

辛いのが好きな人には最高ですね。

ご飯のお供としても使えるそうです。

是非試してみてくださいね。

かぐら南蛮味噌は市販のものもあります☆

参照URL:https://hamsonic.net/kagurananbanmisogohan/

 

料理の先生【岡本健二】さんの紹介

日本料理は、「和のお惣菜」「母の味」と表現されることがあります。

どの年代の方にも心から安心して、安らぐ温かい味を大切にしていると思います。「料理は愛情」で、ひと手間加えることによっておいしくなります。

簡単で作りたくなる料理はもちろん、そしてふっと思い出した時に、また作りたくなる、食べたくなる料理を一つでも多く、みなさまにご紹介していきたいと思います。

よろしくお願いします。

岡本健二さんの紹介

 

上沼恵美子のおしゃべりクッキングの紹介

上沼恵美子のおしゃべりクッキング(テレビ朝日)

レギュラー放送:月曜~金曜 13時40分~13時55分

「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」は1995年4月3日に始まりました。

今まで番組において紹介したレシピは4600を超えています。

和・洋・中・日本の料理のプロ養成学校、辻調理師専門学校の熟練した先生方が、考えた究極のメニューを紹介しています。

料理を作りながらゲストとの和やかなトークで場を盛り上げるのが、司会の上沼恵美子さん。

おじゃべりしながら、楽しく料理を作り美味しくいただく、本当にあっという間の15分間です。

放送された毎日のレシピは、月刊テキスト本やパソコン、スマートフォン、携帯電話やデータ放送でも確認できます。

皆さんの食卓を楽しく有意義にする「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」を応援よろしくお願いします。

詳細:https://www.asahi.co.jp/oshaberi/

コメント

タイトルとURLをコピーしました