さばのコロッケの作り方・レシピ【上沼恵美子のおしゃべりクッキング】(1月14日)

小池浩司さんが教える本格的「さばのコロッケレシピ」。お安いサバ缶を使ってワンコインで4人前出来るさばのコロッケの作り方!

2020年1月14日(火)13時40分~13時55分 (テレビ朝日)で放送の上沼恵美子のおしゃべりクッキングの家庭で出来る料理の作り方を紹介する料理バラエティ番組。

今日はお安いサバ缶でいつものコロッケがスペシャルにです。


Sponsored Link


さばのコロッケの作り方・レシピ

材料(4人分)

  • じゃがいも(メークイン)400g
  • さば缶(みそ味)150g
  • さば缶の汁大さじ2
  • 玉ねぎ80g
  • 黒こしょう(粗びき)小さじ1/2
  • 小麦粉適量
  • 卵1個
  • 水大さじ1
  • 油大さじ1
  • パン粉適量
  • とんかつソース適量
  • 塩適量
  • こしょう適量
  • 油適量
  • 揚げ油適量

作り方

1.じゃがいもは一口大に切り、熱湯に湯の量の約1%の塩を加えてやわらかくなるまでゆでる。

2.さば缶の身をほぐし、玉ねぎは5mm角に切って耐熱皿に入れ、ラップをかけて600Wの電子レンジで2分加熱する。

3.卵を溶きほぐし、塩、こしょう、分量の水と油を加えて混ぜる。

4.じゃがいもの水気をきって鍋に戻し、弱火にかけて粉ふきにしてつぶす。

5.(4)にさばの身、玉ねぎ、黒こしょう、缶詰の汁を混ぜ、取り出して粗熱を取る。

6.(5)を8等分し、手に油をつけて小判形にまとめ、小麦粉、(3)、パン粉の順につけ、180度の揚げ油で3分揚げる。

7.器にコロッケを盛り、とんかつソースを添える。

料理のポイント

じゃがいもは熱湯に湯の量の約1%の塩を入れてゆでる。さば缶の汁を加える。

まとめ

さば独特のクセが出るのかなと思っていましたが、そんなことはまったくないですね。すごくおいしい!やわらかい食感もいいですね。

 

おすすめの【さばのコロッケ】作り方・レシピ3選!

レシピ名:味付けいらず サバ缶で和風コロッケ

材料 (2人前)

じゃがいも (計400g)2個

サバの味噌煮缶 (200g)1缶

大葉4枚

薄力粉20g

溶き卵1個分

パン粉30g

揚げ油適量

ベビーリーフ (添える用)適量

作り方

準備.じゃがいもは皮を剥き、芽を取っておきます。

1.大葉は軸を切り落とし、千切りにします。

2.じゃがいもは一口大に切り、耐熱皿に入れラップをし、600Wの電子レンジで火が通るまで5分加熱します。

3.熱いうちにマッシャーで潰し、1、サバの味噌煮缶を汁ごと入れ、サバをほぐしながら混ぜ合わせます。

4.一口大の大きさに丸めます。

5.薄力粉をまぶし、溶き卵にくぐらせ、パン粉をつけます。

6.フライパンの底から3cmの高さまで油を注ぎ、180℃できつね色になるまで7分程揚げ、油を切ります。

7.ベビーリーフを添えた器に盛り付けて完成です。

料理のコツ・ポイント

お弁当に入れる際には、必ずよく火を通し、しっかり粗熱をとってからお弁当に詰めてください。

塩加減は、お好みで調整してください。

まとめ

「味付けいらず サバ缶で和風コロッケ」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

サバ缶にしっかりと味がついているので味付けは不要です。味噌と大葉の風味が効いているのであっさりと召し上がって頂けます。お弁当にもぴったりの一品なので是非お試し下さい。

参照URL:https://www.kurashiru.com/recipes/cc22e9bd-ac44-4e4b-8748-f2239b0985ec

 

レシピ名:味噌さばチーズコロッケby草津市

材料(2人分)

じゃがいも(馬鈴薯)150g

さば缶(味噌煮)1缶

大葉(千切り)5枚

プロセスチーズ(小角切りにする)2個

玄米フレーク(厚手のビニール袋に入れ、棒などで叩いて細かくする)20g

パン粉20g

小麦粉適量

溶き卵適量

揚げ油適量


Sponsored Link


お好みの野菜適量

作り方

1.じゃがいもは洗ってラップで包み、電子レンジで3分30秒程加熱する。

2.熱いうちに皮をむいてボウルに入れ、木ベラなどでつぶしておく。

3.さばは汁気をきって身だけをほぐし、2に加え大葉も加えて混ぜる。8等分し、中にチーズを入れて丸める。

4.玄米フレークとパン粉を合わせる。

5.3に小麦粉、溶き卵、4の順に衣をつけ、中温に熱した揚げ油でカラリと揚げ、器に盛る。お好みの野菜を添える。

コツ・ポイント

おやつ感覚で食べられる、簡単&ヘルシーなコロッケです。チーズ×さば缶の美味しさが、あとを引きます。

参照URL:https://cookpad.com/recipe/5946550

 

レシピ名:サバ缶コロッケ

材料

ジャガイモ中1個 200g

サバ缶の水煮 1個

玉ねぎ1/2個 100g

塩 少々

コショウ 少々

薄力粉 大さじ2

水 大さじ4

パン粉 適量

作り方

1.ジャガイモは皮を剥いて適当な大きさに切って鍋にたっぷりのお湯を沸かし、ジャガイモを柔らかくなるまで茹でます。

2.ジャガイモが柔らかくなったらザルに空け、水気を切ってから潰します。好みですが、我が家では粗めに潰してジャガイモの食感を残しします。

3.フライパンにみじん切りにした玉ねぎと、水気を絞ったサバ缶の水煮を加え、水分を飛ばすように炒めます。

4.水分が飛んだら、潰したジャガイモとよく混ぜ合わせます。混ざり合ったら、4等分に分けて成型します。

5.薄力粉と水を混ぜて、成型したコロッケに付け、その後パン粉をまぶします。

6.190℃の天ぷら油で表面がキツネ色になる様に揚げます。

190℃は菜箸を天ぷら油の底に付かないように入れた時、菜箸全体からブワッと泡が出るくらいです。

7.サバ缶コロッケの完成です。

参照URL:https://ws-plan.com/gyokairui/sabakan-croket.html

 

料理の先生【小池浩司】さんの紹介

生年月日:1974年

出身地:岐阜県

学歴:エコール辻大阪フランス・イタリア料理マスターカレッジ 辻調グループフランス校卒業

フレンチ、イタリアン、エスニック、洋食などオールジャンルが得意だそうです。

フランスでは、「ル・ピラート」で研修し、「2014年アンドレ・ジュネ杯第11回料理コンクール プロフェッショナル部門」にて優勝しました。

日本の食材を使って、おいしくできる西洋料理を伝えたいと思っています。

フランスやイタリアなど、ヨーロッパで見たり、食べたり、作ったりした料理やお菓子をご家庭用にアレンジして紹介していきます。

小池浩司さんの紹介

 

上沼恵美子のおしゃべりクッキングの紹介

上沼恵美子のおしゃべりクッキング(テレビ朝日)

レギュラー放送:月曜~金曜 13時40分~13時55分

「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」は1995年4月3日に始まりました。

今まで番組において紹介したレシピは4600を超えています。

和・洋・中・日本の料理のプロ養成学校、辻調理師専門学校の熟練した先生方が、考えた究極のメニューを紹介しています。

料理を作りながらゲストとの和やかなトークで場を盛り上げるのが、司会の上沼恵美子さん。

おじゃべりしながら、楽しく料理を作り美味しくいただく、本当にあっという間の15分間です。

放送された毎日のレシピは、月刊テキスト本やパソコン、スマートフォン、携帯電話やデータ放送でも確認できます。

皆さんの食卓を楽しく有意義にする「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」を応援よろしくお願いします。

詳細:https://www.asahi.co.jp/oshaberi/

コメント

タイトルとURLをコピーしました