脂肪を燃やす燃焼系食品10選と効果的な食事方法!

脂肪を燃えやすくして太らない体作りのためには、脂肪を燃焼させる食材を取り入れることが大切です。

食べて痩せる食材で、代謝を上げ、脂肪を燃やしてダイエットを成功させましょう。


Sponsored Link


脂肪を燃やす燃焼系食品10選

120928main

体脂肪を燃焼させるには、体脂肪を燃焼させる効果のある食品があります。

毎日の食事でアミノ酸を含むタンパク質を摂取し、バランスのいい食事を心がけて適度な運動と組み合わせて体脂肪を燃焼させましょう。

o0600040013192053539

トウガラシ

SnapCrab_NoName_2014-10-9_11-37-55_No-00

トウガラシの辛さのもと、カプサイシンは代謝を向上し、血糖値を下げます。たとえばチリ一人前で代謝を25%も向上するという研究結果もあります。

 

ショウガ

shouga-1024x682

ショウガに含まれるジンゲロンには体脂肪の燃焼を促進することによって、エネルギー消費を促進する作用があるということが明らかになっています。

 

チョコレート

g1WSNgB3
チョコレートをよく食べて運動すると、食べずに運動した人よりもBMIが下がることが分かっています。カテキンなどの抗酸化剤によって細胞のエネルギー生成機能が高まります

 

クルミ

o0580037012920215337

クルミに含まれる脂肪酸にはコルチゾールなどのストレスホルモンの濃度を低下させる効果があることが研究により示されています。

 

グレープフルーツ

7d3ef44a

グレープフルーツはインシュリンをより効率よく使えるようにし、血糖値を保ちより多くカロリーを燃焼させます。

 

海藻類

00f38965590cb878421f71e60b6b6cd2

海藻類にはヨウ素が多く含まれ、体内でタンパク質・脂質・糖質の代謝を促進させる重要な働きを担っています。

 

イワシ、サケ、マグロ

デトックス10

カロリーを燃焼させるか脂肪にするかを決定するレプチンというホルモンのレベルに影響を与え、代謝を向上させるそうです。

 

メロン

meron-a10-2c


Sponsored Link


メロンに豊富に含まれるカリウムには、体内のナトリウム濃度を調整し、いわゆる「むくみ」を防ぐ効果があります。

 

ブロッコリー

o0580038412920214327

 

カルシウムと繊維質が体重減少につながるそうです。ブロッコリーはこの両方をく含み、食べると病気に強くなる効果があります。

 

コーヒー、緑茶

6314849cd9ee3c597211d0c4c463f276_m

 

コーヒーや緑茶に含まれるカフェインには脂肪を分解するリバーゼと呼ばれる酵素の働きを活性化させる作用があることから、体の中に貯蔵されている脂肪の燃焼を促進する効果があります。

 

脂肪を燃やす効果的な食事方法

フルーツや野菜をたくさん食べる

2b5f2d22
女性なら、ダイエットをしている人なら、食物繊維が豊富なフルーツや野菜を食べることは常識ですね。知ってはいてもなかなか摂れないもの。でも意識するだけで違います。
朝はヨーグルトに果物を入れて、昼は野菜の煮物や温野菜を必ず1品は摂るようにしましょう。

夜はたっぷりの野菜をスープやお味噌汁、蒸し野菜などでいただきましょう。

糖分の多いフルーツは夜ではなく、朝に食べるようにしましょう。

 

炭水化物の太らない摂り方

imagesW8IV761B

私たちの体は、炭水化物が分解されてできるブドウ糖が少ないと脂肪を燃焼させてエネルギーにしようとします。なので、寝る前までにブドウ糖を減らしておけば、寝ている間に脂肪が燃焼されるのです。

そのためには、炭水化物を摂るタイミングを朝は多めに、そして昼、夜と炭水化物を減らしていけばいいのです。

特に夜の炭水化物は控えめにすると、脂肪が燃焼されるでしょう。

 

太らないための食べる順番を知る

am500_fo053

満腹感を得られれば食べ過ぎをストップさせることができますね。お腹がすいているからと、脂肪になりやすいものから食べると太ってしまいます。

最初はお味噌汁やスープから。次に副菜やサラダ、次におかず、最後にご飯などの炭水化物を食べるようにしましょう。

 

食事は1日3回食べる

datxt4d

昼の食事を抜いたり、夜を抜いたりするとかえって太りやすくなりますよ。人間の体は食事と食事の間があくと、次に食べ物が体内に入ってきたときにそれを全て蓄えようとするのです。食事と食事の間隔は狭い方が、エネルギーが効率的に消費され、脂肪を蓄えにくくします。

1日の食事は3回、できるだけ均等な時間を空けて食べるのが理想です。

 

夜の遅い時間は食べない

post_82

食事の時間が遅いほど、脂肪になりやすくなります。できれば午後6時以降は食べないのが理想ですが、なかなかそれも難しいですよね。夕ご飯はできるだけ早めにすませましょう。

夜遅い時間に食べる際には、高カロリーのものは避け、野菜や豆類などの低カロリーのタンパク質を摂るようにしましょう。

 

まとめ

1ed7f825a340dcbb3399fb8f344f742b_s

いかがでしょうか?

無理な食事制限やきつい運動はいりません。

普段口にする食べ物をちょっと工夫するだけでダイエット効果がみられます!

体脂肪が燃焼しやすい食事に心掛け、軽めの運動を継続して脂肪がつきにくい体質にしましょう。

今日から是非試してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました