スクワットダイエットは効果的!正しいやり方と効果をチェック!

スクワットはダイエットに効果的ですね!スクワットダイエットを正しくスクワットを行なうことで、お腹周りや下半身痩せだけでなく、全身痩せをも簡単に実現することもできます。

今回は、スクワットの初心者でも効果的に痩せるため方法や期間や回数、消費カロリーはどれくらいなのか?部位別スクワット方法や、スクワットダイエットの効果を成功した口コミなど効果をチェックしたいと思います。


Sponsored Link


スクワットダイエットは効果的!

 

スクワットダイエットは痩せられるとしてかなり人気としているダイエットの一つになります。始めようとしている場合に一番知りたい部分になるのが、どのくらいの効果があるかです。

 

実は腹筋を100回程度するのとスクワットを1回するのと同じぐらいの使用量としているので、スクワットのほうがかなりの運動量になります。

 

このスクワットダイエットは、お腹だけではなくてあらゆる部分が痩せてくれて、さらに筋肉がつくのでかなり良い体型にできます。

 

全身と言っていいほど筋肉を使う運動になりますので、部分やせというよりも全体をまんべんなく痩せられるダイエット方法です。

 

スクワットダイエットは初心者が効果的に痩せる!

 

スクワットは簡単そうにみえて、実際にやってみるとけっこうキツイですよね。スクワットの初心者は、5回行うのもツライという人もいるようです。

 

効果的に痩せるにはどうすればいいのでしょうか?最初は、もし、5回がキツイならば3回でも良いのです。

 

その分セット数を増やして、慣れてきたら回数も増やしていけばいいのです。手の位置で負荷を調節できますし、無理なく行えるトレーニング方法だと言えるでしょう。

 

消費カロリーはどれくらい?

mizu4

運動をするダイエットの方法で一番気になってしまうのがどのくらいカロリーを消費できているのかになります。人気ダイエットの一つでもあるスクワットダイエットはどのくらい消費しているのかが気になります。

 

ではスクワットダイエットはどのくらいカロリーを消費しているのでしょうか。スクワットダイエットは1回で多くても0.5kcal程度になっています。

 

スクワット100回したとしても数分程度のジョギングをしているぐらいにしかカロリー消費をしてくれません。

 

この数字だけを見ているとそこまで効果が無いダイエットなのではと考えてしまいます。しかしこのスクワットダイエットは目的自体が違っているため、カロリー消費が少なくても痩せてくれます。まずスクワットダイエットの目的としているのが程よい筋肉をつけるようにするです。

 

脂肪燃焼もとても大事としていますが、筋肉がつくのとつかないのとでは体型が全く違います。筋肉をつけるようにしてよりスタイルが良くするのが最大の目的ですので、そのためにも摂取するカロリーを抑えることが必要です。

 

スクワットダイエットの効果は1ヶ月が必要?

moku

 

どのダイエットでもそうですが、かなり気になるのがどのくらいの期間で効果が現れてくれるのかです。それによって自分が求めているダイエット方法なのかどうかが違ってくるので、まずどのくらいの期間で効果が現れてくれるのかが一番知りたい部分です。

 

ではスクワットダイエットはどのくらいの期間で効果が現れてくれるのでしょうか?

 

効果に関してはどのダイエットもそうですが個人差があります。スクワットダイエットの場合、早くて1週間から2週間程度で効果がでてきてくれますが、1ヵ月で満足した効果が得られると思います。

 

しかし1ヶ月してもなかなか効果が出てくれない場合も稀にありますので、本当に人それぞれです。筋肉のどのくらい増えるのかは人それぞれでしっかりと筋肉を使っているのにつかない場合も当然あります。

 

さらに消費できるカロリーも少なくなると全く効果が無い場合もでてきてしまうため、その人に合う合わないがあるダイエット方法なので覚えておいてください。

 

スクワットダイエットの効果的な回数は?

腹筋500回=スクワット15回を3回

 

同じ筋肉量を増やすためにスクワットなら15回ですむのに、腹筋なんと500回。「腹筋500回=スクワット15回」なのです。

 

やせる筋トレにはスクワットこそがふさわしいスクワットで鍛えられる太ももの筋肉は、体にある筋肉の中で一番カロリーを消費する筋肉だから

 

大臀筋、大腿四頭筋、ハムストリングスといった「大物」の筋肉をはじめ、下半身じゅうの大小の筋肉群が総動員されます。当然、消費エネルギーも大きいです。下半身の筋肉群を鍛えて3割増できれば、基礎代謝にも大きく影響します。

 

基礎代謝とは、何もしなくても消費されるエネルギーのことですが、基礎代謝が上がるということは、多くのエネルギーを消費する体質になるということです。そういう身体をつくるための運動として、スクワットをおすすめしています

 

ダイエットの王道であり近道なのは、基礎代謝を上げること。じっと動かずにいてもより多くの体脂肪を燃やすことができる『やせ体質』になることです。

 

15回を3回程度するでも良いです。1日かけて50回程度のスクワットをすることでダイエットが可能になってくれます。

これ以上の回数も余裕でできるという場合でも、50回程度しておくのがオススメです。

 

スクワットは筋肉をつける運動になりますので、すればするだけどうしても必要以上に筋肉がついてきてしまいます。細い足を目指していたのに筋肉によって太くなってしまう場合もあるので、思っているようなダイエットが出来ません。

 

なので回数を程々にしておくことが重要になりますので、適切な回数をしてダイエットしていってください。

 

正しいスクワットの正しいやり方(基本のスクワット)

squats

 

スクワットは適切な方法で行わないと膝などを痛める可能性があります。

正しいスクワット

正しいスクワット


Sponsored Link


 

【筋トレ】スクワットの正しいフォーム

【筋トレ】スクワットの正しいフォーム

 

筋肉をつけたら太くなるのでは?と心配する女性が多いですが、女性はよほどのトレーニングを積まない限り、筋肉は太くなりにくいので、それほど心配する必要はないでしょう。

 

お腹痩せのスクワット方法

ぽっこりおなかを解消!

無題

 

お腹周りをへこませたいからといって、100回、200回の腹筋を毎日続けてもあまり効果はありません。

 

腹筋は表面的な筋肉で、太ももやお尻などの大きな筋肉と比べると面積が小さいため、おなかだけを鍛えても筋肉量はそれほど増えません。

 

お腹痩せを目的とする場合でも、まず全身の筋肉量を増やして『やせ体質』をつくっておく必要があります。

 

その点、『やせ体質』をつくるのに効率が良いスクワットなら、わざわざ腹筋をしなくてもおなか周りの脂肪が落ちていきます。

 

8カウントでゆっくり腰を落とす

 

お腹痩せのボディメイクスクワット方法

ぽっこりおなかを解消する!?「ボディメイク・スクワット」

体重はそう重くない、体脂肪も標準の範囲。でも、おなかだけはぽっこり……。

おなかだけ、できれば簡単にへこませる方法ってないの?

そんな願いをかなえてくれるのが、「ボディメイク・スクワット」です。

1)両足を肩幅ぐらいに開いて立ちます。

2)背中をまっすぐに伸ばして、顔、おへそ、つま先、ひざは、まっすぐ前を向いた状態にします。

3)両腕は頭の後ろに組む、または胸の前で交差させるなど、自分が動きやすい姿勢をとります。

4)鼻から息を吸いながら、1から8までカウントしつつゆっくりと腰を落とし、8で太ももと床が平行になるようにします。ひざが内側を向かないように注意し、かかとは浮かないように床にしっかりとつけてください。横から見たときに、お尻が後ろに突き出たような姿勢になります。

5)息を吐きながら、元の姿勢に戻ります。元の姿勢に戻すときは、1拍で戻すぐらいの速さで、スッと腰を伸ばします。

 

 

ポイントは、腰を落とすときに『1、2……7、8』とカウントしながらゆっくりと動くことです。これは筋肉の少ない人が筋肉量を増やすために行う運動で、ゆっくりと腰を落とすことで普段は鍛えていない筋肉に働きかけていきます。

 

一般的な筋トレのスクワットでは、腰を落とすときの速さは重要ではありません。

 

スポーツをしている人たちなどもともと筋肉がある人が、すでにある筋肉を強化するための運動ですから、速度よりも回数や重量(バーベル、ダンベルなど)を増やして負荷をかけていくことになります。

 

ここがボディメイク・スクワットとスポーツの筋トレで行うスクワットとの違いです。実践すると、ボディメイク・スクワットのほうがはるかに疲労感が少ないことを実感できるでしょう。

 

ボディメイク・スクワットの実施する回数

 

1日に行う回数も自分でアレンジしてください。目安としては『自分の限界を少し超えるまで』です。

 

たとえば、1日10回を目標にして、6回目ぐらいで『もうキツイな』と感じたら、あと1回だけ頑張って合計7回で終わりにします。

 

限界を少しだけ超えると、筋肉が反応してくれるようになります。

 

慣れてきたら、一度に行う回数を少しだけ増やしてみる。または、500mlのペットボトルなどを持って重量をかけて行うと、より効果的に筋肉が変化していきます。

 

下半身痩せのスクワット方法

exup2-1

1.足を腰幅に開き、丹田に力を入れて姿勢を整えましょう。

 

exup2-2

2.息を吸いながら、つま先立ちになりましょう。この時、かかとを床から遠く離し、太もも内側の内転筋を引き寄せ、バランスをキープしましょう。

 

exup2-3

3.息を吐きながら、つま先立ちのまま、ゆっくり腰を下ろします。2-3の動きを10回繰り返しましょう。

 

全身痩せの骨盤スクワット方法

お腹の脂肪から背中の脂肪やモデル脚になるための全身痩せのスクワットの方法です。

お腹の脂肪+背中の脂肪まで落とすスクワット! | Muscle Watching

太もも前面、側面を鍛え、モデル脚を目指す、独自スクワット・エクササイズです。太ももを細くしたい人、太ももを引き締めたい人、太ももの裏(ハムストリング)を鍛えヒップアップしたい人にもオススメの人気エクササイズです

 

脚を屈伸させる動作とバランスを保つ意識・動作が重なり、下半身に適度な刺激をもたらします。

 

筋肉をつけたら太くなるのでは?と心配する女性が多いですが、女性はよほどのトレーニングを積まない限り、筋肉は太くなりにくいので、それほど心配する必要はないでしょう。

 

スクワットダイエットの効果をチェック!(口コミ)

imagesKUC1ECO8

 

スクワットダイエットをして成功した人はかなり多くいらっしゃいます。そこで知りたいのがが成功した場合どのような効果を得てどのような体型になったのかです。

 

ではスクワットダイエットに成功した人の口コミではどのような状態になったのかを紹介いたします。

 

成功した人でかなり多い口コミになっているのが、お腹だけでなく足まで細くなってくれたです。

 

お腹はいろんな方法で痩せることができるけれども、脚はなかなか痩せてくれないのでかなり悩んでしまう人もいるほどです。

 

スクワットダイエットはこの脚痩せができる方法の一つとしていますので、実際に脚が思っているようなスタイルになったとしている人が多いです。

 

そしてダイエットにはちょっと関係ないのですが、体力がかなりついたとしている人もいらっしゃいます。

 

スクワット自体かなり辛い運動の一つになっているので、少ない回数だとしてもかなり辛いです。やり続けることでより体力もついてくれるので、仕事疲れが少なくなったなど生活に関しても変わります。

 

これは成功した人の口コミですので、実際に失敗した人も多くいらっしゃいます。失敗しないためにも正しい方法でスクワットダイエットをしていきましょう。

 

まとめ

7sen7
太ももは全身でもっとも多くの筋肉がある場所です。筋肉を増やすことで脂肪燃焼効果がありますので、ダイエットをするならスクワットは効果的です。

スクワットダイエットで是非痩せてください。

コメント

  1. […] スクワットダイエットで効果的に痩せるやり方 […]

タイトルとURLをコピーしました