焼き餅と高菜のスープ/お餅と合鴨のみぞれ仕立ての作り方・レシピ(12月26日)

【上沼恵美子のおしゃべりクッキング】特選!年末年始パーティメニュー !「焼き餅と高菜のスープ/お餅と合鴨のみぞれ仕立て」レシピ。今日は石川智之先生が作る焼き餅と高菜のスープと岡本健二先生が作るお餅と合鴨のみぞれ仕立ての作り方とポイントを紹介します。

2019年12月26日(木)13時40分~13時55分 (テレビ朝日)で放送の上沼恵美子のおしゃべりクッキング

本日はお正月に試したいお餅の絶品スープ2品です。乞うご期待!


Sponsored Link


焼き餅と高菜のスープ/お餅と合鴨のみぞれ仕立ての作り方・レシピ

焼き餅と高菜のスープ

材料(2人分)

  • 角もち 4個
  • 豚バラ肉(薄切り)80g
  • かぶ 1個
  • かぶの茎 30g
  • 高菜漬け 15g
  • 赤唐辛子 1本
  • 油 適量
  • ☆煮込み調味料
  • 中華スープ 300ml
  • オイスターソース 小さじ2
  • 塩 少量
  • こしょう 適量

作り方

1.オーブントースターにアルミホイルを敷き、角もちを焼き、焼けたら器に盛る。

2.豚バラ肉は3cm幅に切り、かぶは皮をむいて5mm幅のいちょう切りにし、茎は5mm幅の小口切りにする。

3.高菜漬けは1cm角に切り、赤唐辛子は半分に切って種を取る。

4.フライパンに油少量を熱し、赤唐辛子を弱火で炒め、高菜漬けを加えて炒め、かぶ、豚肉の順に加えて炒め、煮込み調味料のスープ、オイスターソース、塩、こしょうを加えて中火で2分くらい煮る。

5.かぶがやわらかくなったら茎を加えてサッと煮て、もちにかける。

ポイント

もちは表面に焼き色をつける。高菜漬けは香りが出るまで炒める。

まとめ

中国風の変わったお雑煮。スープは高菜の風味がきいていますが、なんともいえない複雑な味わいがあっておいしい!唐辛子のスッキリした辛さもよく合っていますね。これまで飲んだことがないような、新鮮なおいしさのスープです。

 

お餅と合鴨のみぞれ仕立て

材料(2人分)

  • 角もち 2個
  • 合鴨胸肉(鍋用) 150g
  • かぶ 300g
  • かぶの葉 適量
  • 柚子の皮 適量
  • だし 400ml
  • みりん 大さじ1
  • 塩 小さじ1/4
  • 薄口しょうゆ 大さじ1
  • 塩 適量
  • 黒こしょう 適量
  • 片栗粉 適量

作り方

1.角もちは3等分に切り、フライパンに入れて中火で両面を香ばしく焼いて取り出す。

2.合鴨は片面に塩と黒こしょうをふり、両面に片栗粉をまぶす。

3.かぶは皮をむいてすりおりし、ザルで水分をきり、かぶの葉は斜め薄切りにする。

4.フライパンにだし、みりん、分量の塩、薄口しょうゆを入れて火にかけ、煮立ったら弱火にし、合鴨を加えてサッと火を通す。

5.(4)におろしたかぶ、もち、かぶの葉を加えて温め、器に盛り、柚子の皮をそいでのせる。

ポイント

合鴨に片栗粉をまぶし、口当たりをよくする。かぶは最後に加えて甘みを残す。

まとめ

おもちも鴨もやわらかい。幸せな味です。こういうものは時代を超えてもずっとおいしいですね。食べると気持ちが落ち着きます。日本料理も変わっていきますけど、こういうところは残してほしいですね。

 

おすすめの【焼き餅と高菜のスープ】作り方・レシピ2選!

レシピ名:焼き餅と高菜のスープ

材料(2人分)

角もち4個

豚バラ肉(薄切り)80g

かぶ1個

かぶの茎30g

高菜漬け15g

赤唐辛子1本

油適量

☆煮込み調味料

中華スープ300ml

オイスターソース小さじ2

塩少量

こしょう適量

作り方

1.オーブントースターにアルミホイルを敷き、角もちを焼き、焼けたら器に盛る。

2.豚バラ肉は3cm幅に切り、かぶは皮をむいて5mm幅のいちょう切りにし、茎は5mm幅の小口切りにする。

3.高菜漬けは1cm角に切り、赤唐辛子は半分に切って種を取る。

4.フライパンに油少量を熱し、赤唐辛子を弱火で炒め、高菜漬けを加えて炒め、かぶ、豚肉の順に加えて炒め、煮込み調味料のスープ、オイスターソース、塩、こしょうを加えて中火で2分くらい煮る。

5.かぶがやわらかくなったら茎を加えてサッと煮て、もちにかける。

ポイント

もちは表面に焼き色をつける。高菜漬けは香りが出るまで炒める。

まとめ

中国風の変わったお雑煮。スープは高菜の風味がきいていますが、なんともいえない複雑な味わいがあっておいしい!唐辛子のスッキリした辛さもよく合っていますね。これまで飲んだことがないような、新鮮なおいしさのスープです。

参照URL:https://www.asahi.co.jp/oshaberi/recipe/20180105.html

 

レシピ名:母から引き継いだ☆高菜巻きスープ

材料(4人分)

高菜漬け200g

ささみ4本

干ししいたけ10g

かんぴょう20g

●白だし大さじ2ぐらい

●塩小さじ1/2ぐらい

春雨40g

作り方

1.高菜漬けは刻みのものではなく、写真のような大きいものを使います。

2.干し真しいたけを水400で戻しておきます。今回はスライスしたものを使用。

3.かんぴょうは水でさっと洗い、塩で揉んで水洗いします。そして10分水で戻す。

4.高菜はよく洗って水気を絞って5センチ幅ぐらいに切ります。

5.ささみは斜め切りにします。

6.高菜にささみ、スライスした干ししいたけをのせて巻きます。かんぴょうで結び留める。

7.巻いたらこんな感じ♡

8.鍋に1の干ししいたけの出汁と水1000ccを入れ沸騰させて、7の高菜巻きを入れて煮ます。

9.中火で10分ほど煮る途中、あくを取ります。

10.春雨を茹でザルにあげておく。春雨は食べる直前に鍋に入れましょう。

11.仕上げに●の調味料を加えて味見してお好みの味に調整してください♡使用する高菜漬けの味の濃さで変わるので。

12.※もしかんぴょう、干ししいたけが余ったら味噌汁の具にしてみてください♪美味しいですよ。


Sponsored Link


コツ・ポイント

使用する高菜漬けの塩辛さで全然違うので、白だしと塩を入れる時は少しずつ味見をして調整してください。

このレシピの生い立ち

我が家系で代々受け継がれるスープです。ちょっと手間はかかりますが美味しいですよ♪高菜のスープは珍しいので娘にも引き継ぐ予定です♡

参照URL:https://cookpad.com/recipe/4811116

 

おすすめの【お餅と合鴨のみぞれ仕立て】作り方・レシピ2選!

レシピ名:お餅と合鴨のみぞれ仕立て

材料(2人分)

角もち2個

合鴨胸肉(鍋用)150g

かぶ 300g

かぶの葉 適量

柚子の皮 適量

だし 400ml

みりん 大さじ1

塩 小さじ1/4

薄口しょうゆ 大さじ1

塩 適量

黒こしょう 適量

片栗粉 適量

作り方

1.角もちは3等分に切り、フライパンに入れて中火で両面を香ばしく焼いて取り出す。

2.合鴨は片面に塩と黒こしょうをふり、両面に片栗粉をまぶす。

3.かぶは皮をむいてすりおりし、ザルで水分をきり、かぶの葉は斜め薄切りにする。

4.フライパンにだし、みりん、分量の塩、薄口しょうゆを入れて火にかけ、煮立ったら弱火にし、合鴨を加えてサッと火を通す。

5.(4)におろしたかぶ、もち、かぶの葉を加えて温め、器に盛り、柚子の皮をそいでのせる。

ポイント

合鴨に片栗粉をまぶし、口当たりをよくする。かぶは最後に加えて甘みを残す。

まとめ

おもちも鴨もやわらかい。幸せな味です。こういうものは時代を超えてもずっとおいしいですね。食べると気持ちが落ち着きます。日本料理も変わっていきますけど、こういうところは残してほしいですね。

参照URL:https://www.asahi.co.jp/oshaberi/recipe/20170104.html

 

レシピ名:かぶと合鴨の みぞれ仕立て レシピ

材料(4人分)

・合鴨肉 (合鴨のハムで良い)

・お餅 → お好きなだけ

・カブ 2個 → 摩り下ろす

・カブの葉 → 茹でてざく切り

・粗挽き黒胡椒 少々

◎ 水700cc

◎ ほんだし

◎ 薄口醤油

◎ みりん

◎ 柚子胡椒

◎ 水溶き片栗粉

作り方

1)フライパンでお餅を両面、弱火で焼き始める。

2)カブは皮を剥いて摩り下ろし、葉の部分は茹でてざく切り。よく水気を切っておく。

3)合鴨をスライスし、鍋で軽く炒める。黒胡椒を振る。

→ 合鴨ハムを利用の場合は、焼かなくても良い。

4)上の鍋に水を足し、摩り下ろしたカブ、茹でた葉を入れ、◎印の調味料で味付けする。

最後に水溶き片栗粉でトロミを付ける。食べる直前に、焼いた餅を乗せたら完成!

ポイント

合鴨はハムで良いです。柚子胡椒が味の決め手!

参照URL:https://www.recipe-blog.jp/profile/292020/recipe/1327029

 

料理の先生【石川智之】さんの紹介

生年月日:1974年

出身地:愛知県

点心全般が好きで、特に餃子が得意です。

第6回中国料理世界大会 海外麺点部門では特金賞(第1位)を受賞しました。

レシピを作るときのポリシーは、油を控え、ヘルシーに。そしてまた食べたいなという料理です。

「今晩、何がいい?」「この前の作って!」そんな風に言ってもらえるようなレシピを目指しています。

少しでも多くの方に中国料理の素晴らしさを知ってもらい、ご家庭でも作ってもらえたらうれしいです。

石川智之さんの紹介

 

料理の先生【岡本健二】さんの紹介

日本料理は、「和のお惣菜」「母の味」と表現されることがあります。

どの年代の方にも心から安心して、安らぐ温かい味を大切にしていると思います。「料理は愛情」で、ひと手間加えることによっておいしくなります。

簡単で作りたくなる料理はもちろん、そしてふっと思い出した時に、また作りたくなる、食べたくなる料理を一つでも多く、みなさまにご紹介していきたいと思います。

よろしくお願いします。

岡本健二さんの紹介

 

上沼恵美子のおしゃべりクッキングの紹介

上沼恵美子のおしゃべりクッキング(テレビ朝日)

レギュラー放送:月曜~金曜 13時40分~13時55分

「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」は1995年4月3日に始まりました。

今まで番組において紹介したレシピは4600を超えています。

和・洋・中・日本の料理のプロ養成学校、辻調理師専門学校の熟練した先生方が、考えた究極のメニューを紹介しています。

料理を作りながらゲストとの和やかなトークで場を盛り上げるのが、司会の上沼恵美子さん。

おじゃべりしながら、楽しく料理を作り美味しくいただく、本当にあっという間の15分間です。

放送された毎日のレシピは、月刊テキスト本やパソコン、スマートフォン、携帯電話やデータ放送でも確認できます。

皆さんの食卓を楽しく有意義にする「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」を応援よろしくお願いします。

詳細:https://www.asahi.co.jp/oshaberi/

コメント

タイトルとURLをコピーしました