朝ウォーキングでダイエットで驚くべき効果を出す方法!時間や期間は?

az00154-300x1961

痩せるには朝ウォーキング!さて、朝ウォーキングでダイエット効果を出すには歩く時間や痩せるまでの期間は?

早朝ウォーキングは体内時計がリセットされたりメリットも数多く、人気のあるダイエット方法です。

ジョギングはちょっときついので、まずは朝のウォーキングから始めてみてはいかがでしょうか。


Sponsored Link


「ウォーキング」と「ジョギング」と「ランニング」

無題

ウォーキングとは歩くことであり、健康増進のための身体にやさしい有酸素運動

ウォーキングといっても、スピード・腕の振り・年令・性別・体重などによってカロリー消費はことなりますが、30分位のお買い物ゆっくりウォーキングでは35~50kcal勤ウォーキングでは50~75kcal早足ウォーキングでは85~120kcalになります。

ジョギングやランニングの場合、大まかな消費カロリーは、体重kg×距離km=消費カロリーkcalで計算できます。

例えば体重70kgの方が3kmのジョギングをしたら、70×3=210kcalくらいになります。

早朝ウォーキングは驚くべき効果がありオススメ(ダイエットにもいい)

imagesP3MWPI98

自律神経を整える、汗をかき体温の調整機能を高める、血流をアップさせる

1、夏バテ予防に効果も高い

imagesUFMKY1SP

朝ウォーキングは、体内時計がリセットされ、コンディションを整える効果もあります。

朝、光を浴びる時間が日の出の時間に近いほど、体内時計は正確に時を刻むと言われています。

そこで、「1日を快調にスタートできない」「体調を崩しやすい」という人には、早朝ウォーキングがおすすめなのです!

2、ウォーキングは一番続けやすいダイエット

imagesGEB122AO

他の有酸素運動に比べ、筋肉や関節に負担が少ない。怪我などのリスクが少ないため、広く勧められます。

高価な道具やそれを行うにあたり特定の場所が必要ない。誰でも取り組みやすいダイエットと言えます。

※靴はけが予防のためにも専用のものを用意することをお勧めします。

20130823

歩きやすくてびっくりするはずです。

3、通勤通学の1駅分や家事の合間にできちゃいます。

dai

また、筋肉も鍛えられて足やヒップが引き締まるので、女性には嬉しい特典ですね。

しかし・・・漠然と歩けばいいわけじゃありません!!

ウォーキングの前にまずはストレッチ!

Fotolia_54795025_Subscription_Monthly_M-1024x682

時間は10分ぐらいで、心臓から遠い足や腕からゆっくりウォーミングアップストレッチは鼻から息を吸って、口から吐き、吐いている間に伸ばします。

腱や関節、筋肉を20秒ほどかけてゆっくりと伸ばすことを意識してください。

ウォーキングダイエット大切なのは歩く姿勢!

背筋を意識して伸ばす。

images6F1L7FOL

かかとから着地し、つま先で地面をけり出すように歩く。歩幅を普段歩くより広げ、腕を大きく振り、腰をひねるようにして早足で!

歩幅の目安は、ウォーキングでは「身長×0.45が目標の歩幅と言われています。計算してみると、やはり少し大股になるはずです。

ウォーキングの効果的な速度は、少し息がはずむ程度。痩せたいからと必要以上に速度を速めても、ダイエット効果が高くなるということではないようです。

ダイエット効果を出すにはどのくらい歩けばいいの?

imagesD7UH2JM0

目安は1週間あたり3時間30分以上!!

だからと言って1週間に1度、4時間ウォーキングをするのは恒常的な肥満解消には効果が少なく、3日以上はあけないことが理想です。内臓脂肪や皮下脂肪が燃焼するのは、運動開始から20分と言われます。

毎日30分程度であれば、通勤の帰り道に、自宅の1、2駅手前で下車する、または、駅からバスや自転車に乗らないで歩いて帰る、という方法も可能です。


Sponsored Link


重要なポイントは期間。

imagesPGEOOCMV

肥満を解消することが目的であれば、根気よく最低3ヶ月以上は続けることが必要です。

終わったらやっぱりストレッチ!疲れを残さないよう、きちんと使った筋肉をケアしましょう。

朝ランニング!夜ランニングの効果と注意点!

ウォーキングにより嬉しいメリットが沢山!

imagesR06D6KY4

ホルモン分泌量のアップで肌と髪がツヤツヤに!

免疫細胞の活動が活発になり、肌荒れ、小ジワ、くすみなどを防ぐバリア機能がアップ。性腺刺激ホルモンに作用して女性ホルモンの分泌が高まるので、肌や髪にうるおいやハリが生まれます。

頭の回転が遠くなり記憶力がよくなる

歩いていると、脳はそのすみずみにまで血液と酸素が行き渡るうえ、β-ンドルフィンの作用によって、クールに冴えた状態になります。運動によって記憶力が高まることも科学的に証明されていたりします。

ストレスを解消する免疫カがアップ

歩くことで分泌されるホルモンがストレスを取り払ってくれます。ストレスに対抗する免疫力を引き上げるパワーがあるので、精神的にも、身体的にもストレスに強くなれるのです。

痩せる運動ランキング|室内で効果的な運動8選!?

早朝ウォーキングは朝食の前と後ではダイエット効果は違うの?

早朝ウォーキングをすれば痩せると勘違いしている人もいますが、朝食の取り方がポイントです。そんなに朝食の前と後ではダイエット効果に違いがあるのでしょうか?

睡眠をしている時は意外とエネルギーや栄養を消費しています。朝はエネルギーが足りない状態です。このタイミングの朝、ウォーキングなど運動することで、脂肪のエネルギーを使うようになるため、より脂肪燃焼しやすくなります。

朝食を食べてしまうと脂肪ではなくその朝食から得られるエネルギーを使うようにするため、脂肪燃焼は朝食前よりもしにくくなっています。ダイエットを考えると朝食前にウォーキングするのが一番効果的です。

さぁ今から朝ウォーキングしてみましょう。

images9507ZC54

朝ウォーキングダイエットにおいては、継続的に毎日最低20分以上歩いて、脂肪燃焼とカロリー消費をすることが大切です。

もちろん、ウォーキングをしたことに満足して、歩いて消費した以上に、食べまくってたらいつまで経っても痩せませんけどもね。昼食後の暑い時間帯は避けたほうがいいかもしれませんね。できれば朝がいちばんいいでしょう。

朝ウォーキングは代謝アップ効果が大きいので、体重を落としたい人にはおすすめ

ウォーキング時間を設定したら、その少し前に、スクワットや腹筋、背筋運動など、簡単な筋トレを組み込んでみましょう。

紗栄子の実践したダイエット方法のまとめ!腹筋トレーニングは?

朝ウォーキングの注意点

images9XLQSC1B

朝起きたらすぐにうがいと歯磨きをして口中の雑菌をとりきれいな状態でコップ1~2杯の水を飲みます。これをする事で血液の流れの悪いのがある程度解消できます。

かならず携帯用のぺットボトルに水を入れて持っていくようにして下さい。ぺットボトルは小さい物で構いません。ウォーキング中に水分の補給が出来るようにしておきます。

早朝ウォーキングを実践する場合には、起床後少なくとも1時間は経過して、からだがある程度目覚めてから、まずはストレッチなどの軽い運動を行った後でウォーキングを始めるのが理想的です。

ウォーキングの直前には消化の良いバナナヨーグルトスポーツドリンクなどの糖質(できれば果糖類)を少量補給するよう心がけましょう。

水分補給も忘れずに!

images61CWRGBY

毎朝必ず自分の健康チェックを行い、その日の体調に合わせて、距離を調節。楽しく体に負担をかけずに行うことが長続きのコツです。

雨が降っていると視界が悪かったりすることもあるので事故や怪我などには気を付けるようにしましょう。雨に日にウォーキングをする時には目立つ色の傘やカッパ・長靴などを身に着け、事故を事前に予防するように貴方自身が気をつけるということが大事です。

ランニング・ジョギング減らせる体重と走行距離【効果的な走り方】

朝ウォーキング後のシャワーの温度には注意!

朝ウォーキングした後、30分は脂肪が燃焼し続けるけれど、運動後、熱いお風呂やシャワーに入ると燃焼が止まってしまうのです。

身体に悪いというよりも、熱いお風呂やシャワーはダイエットにマイナスになるという。すぐにシャワーを浴びたりお風呂に入る時は、水やぬるめのお湯でのシャワーにしましょう。

ウォーキング効果の消費カロリー!徒歩・早歩きや他の運動とのカロリーは?

1分片足立ちダイエットで50分ウォーキング効果が期待!

まとめ

images4VU9Z1XU

これはウォーキングに限ったことではないですが、ウォーキングも毎日の継続が命です。1日や2日歩いたぐらいで効果を求めてはいけません。黙って1ヶ月続けてみてください。必ずあなたの身体に目に見える変化があるはずです。

もちろん、天気やその日の体調などで、できない日もあるでしょう。でも次の日はまた必ず歩きましょう。

2日3日とサボっちゃうと、精神的にもダラけてきちゃいます。ただ20分~30分歩こうっていうだけです。きっとあなたにもできるはずです。何かひとつ、毎日続けることができるようになれば、あなたのダイエットは成功へ大きく踏み出したことになります。

まずはウォーキングから始めてみませんか?


Sponsored Link